ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

日本映画(映画)芸術/生活系


偏差値45( 2つ星評価 )
得点率概算54%
486点/900点満点
偏差値順位全国 1614位/2324校( 学部単位 )
関東地方 568位/785校( 学部単位 )
神奈川県 79位/108校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【日本映画大学】
概観 映画監督・今村昌平が設立した日本映画学校を発展改組する形で2011年に開学した。日本では初となる映画学部のみの単科大学である。 理念には、今村昌平が遺した言葉が使用されている。 前身の日本映画学校時代から映画監督、脚本家、俳優を始めとした映画スタッフを数多く輩出している。映画学校時代の特徴的なカリキュラムとして、3年制である映像科では理念を反映させた「人間研究」という科目を1年次に配し、2年制である俳優科はカリキュラムに「漫才」が取り入れられていたことが挙げられる。漫才の講師は内海桂子・好江が担当していたことから、お笑いタレントも数多く輩出している(内海桂子・好江が所属しているマセキ芸能社に所属する人が多い)。 太平洋戦争中に存在した日本映画学校とは全く関係がない。
沿革 ・ 1975年(昭和50年)4月 - 今村昌平が横浜駅東口のスカイビル(初代)内に、横浜放送映画専門学院(2年制・各種学校)を開校。
・ 1984年(昭和59年)4月 - 留学生の募集を開始。
・ 1985年(昭和60年)11月 - 学校法人神奈川映像学園設立。横浜放送映画専門学院を日本映画学校(3年制・専門学校)に改称・改組(神奈川県知事より認可)。
・ 1986年(昭和61年)4月 - 川崎市、小田急電鉄、映画各社等の協力により、川崎市麻生区新百合ヶ丘駅北口へ移転。今村昌平が学校法人神奈川映像学園理事長・日本映画学校校長となる。映像科・俳優科を設置。
・ 1992年(平成4年)4月 - 日本映画学校校長に石堂淑朗が就任。
・ 1996年(平成8年)4月 - 日本映画学校校長に佐藤忠男が就任。
・ 2004年(平成16年)11月 - 学校法人神奈川映像学園理事長に佐藤忠男が就任(日本映画学校校長と兼任となる)。
・ 2007年(平成19年)10月 - 学校法人神奈川映像学園理事長に佐々木史朗が就任。
・ 2010年(平成22年)10月 - 文部科学省より日本映画大学設置認可。
・ 2011年(平成23年)4月 - 日本映画大学が発足。日本映画学校は新入生の受け入れを停止(映画学部映画学科)。
・ 2012年(平成24年)3月 - 日本映画学校 俳優科を廃止。
・ 2013年(平成25年)3月 - 日本映画学校 映像科を廃止し、日本映画学校は閉校。
基礎データ ■ 所在地

・ 新百合ヶ丘キャンパス(神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30 元日本映画学校校舎)
・ 白山キャンパス(神奈川県川崎市麻生区白山2-1-1 映画撮影スタジオ・元川崎市立白山小学校校舎)

■ 教育および研究

◎ 学部

・ 映画学部
 ・ 映画学科(以下2018年度からの新カリキュラムに基づく「系」と「コース」)
  ・ 演出系
   ・ 演出コース
   ・ 身体表現・俳優コース
   ・ ドキュメンタリーコース
  ・ 技術系
   ・ 撮影照明コース
   ・ 録音コース
   ・ 編集コース
  ・ 文章系
   ・ 脚本コース
   ・ 文芸コース
◇かつての組織
・ 映画学部
 ・ 映画学科(特記のない限り、開学時からのカリキュラムに基づいた「系」と「コース」)
  ・ 創作系
   ・ 脚本演出コース
   ・ 撮影照明コース
   ・ 録音コース
   ・ 編集コース
   ・ ドキュメンタリーコース
  ・ 理論系
   ・ 理論系Aコース(2011年度入学者)
   ・ 理論系Bコース(2011年度入学者)
   ・ 理論コース(2012年度入学者。上記の2コースを統合した)
   ・ 映画・映像文化コース(2013年度入学者より受け入れ)
   ・ 身体表現・俳優コース(2016年度入学生より受け入れ/開設前は「身体表現(俳優)コース」と告知された) なお、日本映画大学では、2年次前半までは全員同一のカリキュラムとなり、以降は6コースに分かれて履修する。
◎ 日本映画学校時代

・映像科(3年制)
 ・2年次より下記のコースに分かれていた。また、他コースとの合同授業やゼミナール形式で開講される科目もあった。
 ・映画演出コース
 ・脚本演出コース
 ・映像ジャーナルコース
 ・撮影・照明コース
 ・映像編集コース
 ・音響クリエイターコース
・俳優科(2年制)
関係者一覧 ■ 教職員

◎ 学長

・佐藤忠男(初代学長を経て名誉学長)
・天願大介(初代学科長、2代学部長を経て2代学長)
◎ 学科長

・緒方明(3代学科長)
◎ 教授

・阿部亙英
・荒井晴彦(元教授)
・川崎賢子(元教授)
・川上皓市(元教授)
・さのてつろう
・関川夏央
・髙橋世織(初代学部長を経て附属図書館長)
・弦巻裕
・中原俊
・安岡卓治  ※50音順
◎ 准教授

・大澤信亮
・斎藤久志
・細野辰興  ※50音順
◎ 特任・客員教授

・荒井晴彦
・尾上克郎
・川上皓市
・熊岡路矢(元教授)
・晏妮
・中川譲(元准教授)
・千葉茂樹

■ 卒業生

・池田直人(レインボー (お笑いコンビ))

■ 日本映画学校時代

◎ 教職員

◇映像科1年
・担任
 ・橋本信一
 ・伊藤康隆
 ・藤得悦
 ・小林竜雄
 ・丸内敏治
 ・桑田健司
 ・河本瑞貴
・講師
 ・淀川長治
 ・池端俊策
 ・井土紀州
 ・大永昌弘
 ・柏原寛司
 ・佐藤武光
 ・白鳥あかね
 ・鈴木功
 ・武重邦夫
 ・栃原広昭
 ・松本隆司
 ・渡辺千明
 ・山谷哲夫 ほか
◇映像科2・3年
・映画演出
 ・緒方明
 ・サトウトシキ
 ・鈴木元
 ・細野辰興
 ・井坂聡
 ・鳥井邦男
 ・冨樫森
 ・中原俊
・脚本
 ・斎藤久志
 ・渡辺千明
 ・荒井晴彦
・映像ジャーナル
 ・安岡卓治
 ・千葉茂樹
・撮影・照明
 ・さのてつろう
 ・石渡均
・映像編集
 ・浦岡敬一
 ・岡安肇
 ・境誠一
 ・阿部亙英
・音響クリエイター
 ・荒畑洋
 ・中山隆匡
・技術部主任
 ・浜口文幸
◇俳優科
・天願大介
・細野辰興
・緒方明
・井坂聡
・鳥井邦男
・内海桂子
・内海好江
◎ 卒業生
横浜スカイビルに所在していた時(横浜放送映画専門学院)の卒業生は横浜○期、日本映画学校の卒業生は映画学校○期と呼称している。
○ 監督・演出

・月野木隆(横浜1期)
・中田信一郎(横浜1期)
・TOHJIRO(横浜1期)
・伊藤裕彰(横浜2期)
・細野辰興(横浜2期)
・三池崇史(横浜5期)
・横山浩之(横浜5期)
・金秀吉(横浜6期)
・佐々部清(横浜7期)
・並木浩士(横浜7期)
・道木広志(横浜8期)
・清水浩(横浜9期)
・市野龍一(横浜10期)
・佐藤闘介(横浜12期)
・アベユーイチ(映画学校1期)
・兼重淳(映画学校1期)
・喜屋武靖(映画学校1期)
・小島康史(映画学校1期)
・谷口悟朗(映画学校1期)
・辻裕之(映画学校1期)
・李相國(映画学校1期)
・坂梨公紀(映画学校1期)
・祭文太郎(映画学校2期)
・川口浩史(映画学校5期)
・小沼雄一(映画学校7期)
・黒川竹春(映画学校8期)
・窪田将治(映画学校9期)
・菱沼康介(映画学校9期)
・草野陽花(映画学校11期)
・林田賢太(映画学校11期)
・松江哲明(映画学校11期)
・李相日(映画学校11期)
・島田伊智郎(映画学校13期)
・ジョン・ヒジリ(映画学校13期)
・今田哲史(映画学校15期)
・木村茂之(映画学校16期)
・寺田明人(映画学校16期)
・福田陽平(映画学校16期)
・松林要樹(映画学校16期)
・小野さやか(映画学校17期)
・藤村享平(映画学校17期)
・中井邦彦(映画学校18期)
・岩永洋(映画学校19期)
・石田秀範
・市野龍一
・小川王子
・押田興将
・権野元
・木下高男
・木村ひさし
・合田経郎
・塩崎遵
・七字幸久
・新藤風
・高橋渉
・多胡由章
・中野量太
・橋本信一
・橋本渉
・増井壮一
・山口晃二
・山口雄大
・中村大哉
・加瀬聡
・タートル今田
・本広克行
○ 脚本家・作家

・河本瑞貴(横浜2期)
・大橋志吉(横浜4期)
・齋藤貴義(横浜9期)
・伊藤康隆(映画学校1期)
・足立紳(映画学校7期)
・伊丹あき(映画学校7期)
・港岳彦(映画学校7期)
・石川美香穂(映画学校7期)
・神永学(映画学校8期)
・丸茂周(映画学校8期)
・野木亜紀子(映画学校8期)
・高橋郁子(映画学校10期)
・難波望(映画学校10期)
・岸川真(映画学校11期)
・山辺健史(映画学校11期)
・藤村享平(映画学校17期)
・阿部和重
・岡野勇
・川﨑いづみ
・桑田健司
・ケラリーノ・サンドロヴィッチ
・佐野亨
・沢木冬吾(中退)
・高木裕治
・鄭義信
・祢寝彩木
・林民夫
・平澤竹識
・平野靖士
・本田光
・宮下隼一
・若木康輔
・渡辺千明
○ プロデューサー

・市川幸嗣(横浜3期)
・大塚泰之(横浜3期)
・坂本忠久(横浜3期)
・井上文雄(横浜5期)
・福島聡司(横浜6期)
・志田篤彦(横浜6期)
・田口聖(横浜9期)
・都鳥伸也(映画学校16期)
・都鳥拓也(映画学校16期)
・大澤一生(映画学校17期)
・石垣直哉
・神吉良輔
・木村俊樹
・久保田傑
・佐藤美由紀
・鈴木ゆたか
・鈴木嘉弘
・中林千賀子
・森井輝
・渡辺栄二
○ 撮影・照明

・田中一成(横浜1期)
・岡雅一(横浜3期)
・さのてつろう(横浜3期)
・山本英夫(横浜4期)
・猪本雅三(横浜4期)
・松島孝助(横浜4期)
・伊東伸久(映画学校1期)
・向後光徳(映画学校1期)
・小林元(映画学校1期)
・中須岳士(映画学校1期)
・御木茂則(映画学校2期)
・根岸宏(映画学校6期)
・植松亮(映画学校7期)
・早坂伸(映画学校11期)
・茂木一樹(映画学校11期)
・加藤哲宏(映画学校16期)
・石田健司
・江原祥二
・太田好治
・菊池亘
・北信康
・釘宮慎治
・相馬大輔
・寺田緑郎
・中村夏葉
○ 録音・音響

・土屋和之(横浜1期)
・横溝正俊(横浜1期)
・小原善哉(横浜5期)
・藤丸和徳(横浜5期)
・尾崎聡(横浜10期)
・石貝洋(横浜12期)
・真道正樹(映画学校1期)
・中山隆匡(映画学校1期)
・藤本賢一(映画学校1期)
・柳屋文彦(映画学校1期)
・勝亦さくら(映画学校15期)
・岩丸恒
・小川武
○ 編集

・掛須秀一(横浜1期)
・只野信也(横浜2期)
・阿賀英登(横浜2期)
・島村泰司(横浜3期)
・川瀬功(横浜3期)
・小島俊彦(横浜4期)
・井上秀明(横浜4期)
・阿部亙英(横浜5期)
・太田義則(横浜6期)
・大永昌弘(横浜9期)
・宮島竜治(映画学校1期)
・松尾浩(映画学校1期)
・前嶌健治(映画学校7期)
・伊藤潤一(映画学校11期)
・小池義幸(映画学校13期)
・辻井潔(映画学校16期)
・宮崎景子(映画学校17期)
・今井剛
・大畑英亮
・岡部由紀子
・奥田朋恵
・菊井貴繁
・冨田伸子
・豊里洋
・坂東直哉
・村上雅樹
・矢船陽介
○ スクリプター

・生田透子
・森直子
・柳沼由加里
○ 美術・大道具・塗装

・福澤勝広(横浜5期)
・原田哲男(横浜10期)
・金勝浩一
・松塚隆史
○ VFX

・松本肇(ビジュアルエフェクト スーパーバイザー)
○ 俳優

・隆大介(横浜1期)
・長谷川初範(横浜2期)
・いずみ尚(横浜7期)
・入江雅人(横浜9期)
・田中弘太郎 (映画学校1期)
・藤井千夏 (映画学校1期)
・蒲生純一(映画学校7期)
・笠兼三(映画学校7期)
・サーモン鮭山(映画学校9期)
・山本圭祐(映画学校14期)
・依田哲哉(映画学校14期)
・清水優(映画学校18期)
・ペ・ジョンミョン(映画学校18期)
(現・裵ジョンミョン)
・富岡英里子(映画学校22期)
・赤澤涼太
・有山尚宏
・北村有起哉
・野口雅弘
・松崎悠希
・山本昌弘
○ お笑いタレント

・ピックルス(横浜6期)
・象さんのポット(横浜7期)
・ウッチャンナンチャン…内村光良・南原清隆(横浜9期)
・出川哲朗(横浜9期)
・バカリズム(映画学校9期)
・ファンキーモンキークリニック(映画学校7期)
・古坂大魔王(映画学校7期※中退)
・狩野英孝
・平子祐希(アルコ&ピース)
・こばやしけん太

・JJポリマー
・磁石
・ニッチェ

・ホーム・チーム
・渡辺ラオウ
・与座よしあき
・桐野安生
○ その他

・馮智英(歌手)(横浜1期)
・小島康史(大学教授)(日本映画学校1期)
・出町光識(映画配給・プロデューサー)(映画学校1期)
・菅原敬太(漫画家)(映画学校5期)
・剣持光(ものまね芸人・作家・昭和サブカルチャー研究家)(映画学校10期)
・いっこく堂(腹話術師)
・榎本俊二(漫画家)
・山内麻里子(ミュージシャン)
・山辺健史(ノンフィクションライター)
・三沢伸(アニメーション監督・アニメーション演出家) 
・梅澤淳稔(アニメーション監督・アニメーションプロデューサー)
・芝田浩樹(アニメーション監督)
・柳家やなぎ(落語家)
・軸原ヨウスケ(グラフィックデザイナー)
・ようへい(元落語家、ラジオパーソナリティ)中退
劇場公開された卒業制作作品 ■ 日本映画学校時代

・バナナシュート裁判(1989年 佐藤闘介監督)
・らせんの素描(1991年 小島康史監督)
・妻はフィリピーナ(1993年 寺田靖範監督)
・ファザーレス 父なき時代(1998年 茂野良弥監督)
・青〜chong〜(1999年 李相日監督)
・あんにょんキムチ(1999年 松江哲明監督)
・home(2001年 小林貴裕監督)
・熊笹の遺言(2002年 今田哲史監督)
・私をみつめて(2004年 木村茂之監督)
・アヒルの子(2005年 小野さやか監督)
関係機関等 ■ 麻生区6大学公学協働ネットワーク

・ 麻生区
・ 昭和音楽大学
・ 玉川大学
・ 田園調布学園大学
・ 明治大学
・ 和光大学

■ 学術交流協定締結校

・ 韓国国立芸術総合大学
・ 国立台北芸術大学
・ 北京電影学院
・ インドネシア国立ジャカルタ芸術大学
・ 全ロシア国立映画大学
・ 台北メディアスクール

■ 包括的連携協定

・ 昭和音楽大学

■ 地方自治体等

・ 一般社団法人白山まちづくり協議会

■ 関連項目

・今村昌平
・KAWASAKIしんゆり映画祭
・新宿映画祭
・鈍牛倶楽部
・アルファセレクション
・MMP
・マセキ芸能社
・新ゆりグリーンタウン

■ 外部リンク

・日本映画大学
・日本映画大学スペシャルコンテンツ
・日本映画学校
・ほんじつ映画学校 日本映画学校公式ブログ
・日本映画学校 週刊コラム 学校法人神奈川映像学園

「日本映画大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2023年2月4日18時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター