ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

千葉(医-医)医/薬/保健系


偏差値73( 5つ星評価 )
得点率概算87.6%
788.4点/900点満点
偏差値順位全国 43位/2324校( 学部単位 )
関東地方 32位/785校( 学部単位 )
千葉県 1位/91校( 学部単位 )
国公立/私立国公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【千葉大学】
概要
年表 ・1949年(昭和24年)
 ・千葉医科大学・同附属医学専門部・同附属薬学専門部、千葉師範学校、千葉青年師範学校、東京工業専門学校、千葉農業専門学校を包括して千葉大学が発足。学芸学部、医学部、薬学部、工芸学部、園芸学部を設置。(創立時は 本部事務局と医学部・薬学部は千葉市の矢作・亥鼻地区に、工芸学部・園芸学部は松戸市の岩瀬地区・戸定地区に、学芸学部は千葉市の市場町にそれぞれあった)。
・1950年(昭和25年)
 ・東京医科歯科大学予科を包括し、学芸学部を文理学部と教育学部に改組。
・1951年(昭和26年)
 ・工芸学部を工学部に改称。工業意匠学科、建築学科、機械工学科、電気工学科、工業化学科で編成。
 ・園芸学部農業別科を設置。
・1952年(昭和27年)
 ・工学系短期大学として千葉大学工業短期大学部を開学。(1979年廃止)
・1955年(昭和30年)
 ・大学院医学研究科(博士課程)を設置。
・1964年(昭和39年)
 ・大学院薬学研究科(修士課程)を設置。
・1965年(昭和40年)
 ・大学院工学研究科(修士課程)を設置。
・1968年(昭和43年)
 ・文理学部を人文学部と理学部に改組。人文学部には人文文学科および法経学科の2学科を設置。
 ・教育学部に幼稚園教員養成課程を新設。
・1969年(昭和44年)
 ・大学院園芸学研究科(修士課程)を設置。
・1975年(昭和50年)
 ・看護学部、大学院理学研究科(修士課程)を設置。園芸学部農業別科を改組し、園芸学部園芸別科を設置。
・1976年(昭和51年)
 ・教育学部に養護教諭養成課程を新設。
・1979年(昭和54年)
 ・大学院薬学研究科(博士課程)を設置。
 ・大学院看護学研究科(修士課程)を設置。
・1981年(昭和56年)
 ・人文学部を改組して文学部、法経学部(法学科と経済学科)、教養部を設置。文学部には、行動科学科、史学科および文学科の3学科を設置。
・1982年(昭和57年)
 ・大学院教育学研究科(修士課程)を設置。
・1985年(昭和60年)
 ・大学院文学研究科(修士課程)を設置。
 ・大学院社会科学研究科(修士課程)を設置。
・1986年(昭和61年)
 ・大学院工学研究科(後期3年博士課程)を設置。
・1987年(昭和62年)
 ・大学院理学研究科(後期3年博士課程)を設置。
・1988年(昭和63年)
 ・大学院自然科学研究科(後期3年博士課程)を設置。
 ・理学研究科(後期3年博士課程)と工学研究科(後期3年博士課程)を自然科学研究科に振替。
・1991年(平成3年)
 ・園芸学部園芸学科、農芸科学科、造園学科、園芸経済学科、環境緑地学科の5学科を生物生産科学科、緑地・環境学科、園芸経済学科の3学科へ改組。
・1992年(平成4年)
 ・文学部行動科学科に文化人類学講座を設置。
・1993年(平成5年)
 ・文学部行動科学科に認知情報科学講座を設置。
 ・大学院看護学研究科(博士課程)を設置。
・1994年(平成6年)
 ・教養部を廃止。
 ・文学科が日本文化学科と国際言語文化学科に分離改組。
・1995年(平成7年)
 ・大学院社会文化科学研究科(後期3年博士課程)を設置。
・1996年(平成8年)
 ・東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科が設置される。東京学芸大学、埼玉大学、横浜国立大学とともに参画。
・1998年(平成10年)
 ・工学部改組。都市環境システム学、デザイン工学科、電子機械工学科、情報画像工学科、物質工学科の5学科編成となる。
 ・先進科学プログラム(飛び入学)を開始(物理学コース)。
・1999年(平成11年)
 ・法経学部内に総合政策学科を設置。
 ・教育学部に生涯教育課程を新設。
・2001年(平成13年)
 ・医学研究科(博士課程)、薬学研究科(博士前期・後期課程)を改組し、医学研究部、薬学研究部、医学薬学教育部(修士課程・4年博士課程・後期3年博士課程)を設置(2004年4月に医学研究院、薬学研究院、医学薬学府に名称変更)。
・2002年(平成14年)
 ・看護学研究科看護システム管理学専攻(博士前期課程)を設置。
 ・自然科学研究科都市環境システム専攻(博士前期課程)を設置。
 ・医学部附属看護学校、助産婦学校、診療放射線技師学校を廃止。
・2004年(平成16年)
 ・国立大学法人法の規定により国立大学法人となる。
 ・キャンパスイノベーションセンター東京(JR田町駅前)内に「千葉大学東京サテライトオフィス」を開設。
 ・専門法務研究科(専門職課程)を設置
 ・工学部にメディカルシステム工学科を新設。
 ・工学部の物質工学科を共生応用化学科に改組。
 ・先進科学プログラム「人間探求コース」(文学部)を開始。
・2005年(平成17年)
 ・医学薬学府医科学専攻(修士課程)を設置。
 ・教育学研究科特別支援専攻・スクールマネジメント専攻(修士課程)を設置。
・2006年(平成18年)
 ・薬学教育6年制移行により、薬学部薬学科を6年制に移行(総合薬品科学科廃止)、4年制学科の薬科学科を設置。
 ・文学研究科(修士課程)、社会科学研究科(修士課程)、社会文化科学研究科(後期3年博士課程)を改組し、人文社会科学研究科(博士前期・後期課程)を設置。
・2007年(平成19年)
 ・自然科学研究科を改組し、理学研究科、工学研究科、園芸学研究科、融合科学研究科を設置。
・2008年(平成20年)
 ・工学部の学科改組。建築学科、都市環境システム学科、デザイン学科、機械工学科、メディカルシステム工学科、電気電子工学科、ナノサイエンス学科、共生応用化学科、画像科学科、情報画像学科をの10学科編成となる。
・2011年(平成23年)
 ・薬学部・薬学研究院が西千葉キャンパスから亥鼻キャンパスへ移転。
・2012年(平成24年)
 ・医学薬学府の4年制博士課程の環境健康科学専攻、先進医療科学専攻、先端生命科学専攻と3年制博士課程の創薬生命科学専攻を廃止。
 ・先端医学薬学専攻(4年制博士課程)と先端創薬科学専攻(3年制博士課程)を設置。
・2014年(平成26年)
 ・4月、法経学部を再編し、法政経学部を設置。
・2016年(平成28年)
 ・4月、国際教養学部を設置。
・2017年(平成29年)
 ・人文社会科学研究科を改組し、人文公共学府を設置。
・2019年(令和元年)
 ・2020年4月入学からの授業料引き上げを発表。全員留学制度の財源などに充てる。

「千葉大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月13日14時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター