ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

同志社(文化情報-文化情報)法/経/商/社会系


偏差値66( 5つ星評価 )
得点率概算79.2%
712.8点/900点満点
偏差値順位全国 228位/2324校( 学部単位 )
近畿地方 54位/490校( 学部単位 )
京都府 26位/113校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【同志社大学】
概要
年表 (年表節の主要な出典は公式サイト)style"background-colorf4f1e9" 1875年
・ 京都寺町に官許同志社英学校を開校する。教員2人(新島とJ.D.デイヴィス)、生徒8人。
style"background-colorf4f1e9" 1876年
・ 今出川校地(旧薩摩藩邸跡)に移転、新築校舎2棟落成。
・ 同志社英学校に余科(神学科)を併置。
・ 熊本バンド約35人が入学。
style"background-colorf4f1e9" 1877年
・ 同志社分校女紅場を開設(同年同志社女学校と改称。現・同志社女子大学)。
style"background-colorf4f1e9" 1879年
・ 第1回卒業式を挙行。小崎弘道、横井時雄、金森通倫、宮川経輝、下村孝太郎、海老名弾正、浮田和民など15名。
style"background-colorf4f1e9" 1880年
・ 自鞭事件起こる。
style"background-colorf4f1e9" 1883年
・ 「同志社社則」4ヵ条を制定。
style"background-colorf4f1e9" 1884年
・ 彰栄館竣工。
style"background-colorf4f1e9" 1885年
・ 校友会を結成。
style"background-colorf4f1e9" 1886年
・ 礼拝堂の献堂式を挙行。
・ 英学校余科を廃し、神学専門科(英語神学科・邦語神学科)を設置。
・ 仙台に東華学校を設立(1892年廃校)。
style"background-colorf4f1e9" 1887年
・ 医学校構想の一環として、同志社病院・京都看病婦学校を創設。
・ 同志社予備学校設置。
style"background-colorf4f1e9" 1888年
・ 同志社英学校と同志社予備学校を併せて同志社学院(予備学部、普通学部、神学部)設置。
・ 「同志社大学設立の旨意」を全国の主要な雑誌・新聞に発表。
・ 「同志社通則」36ヵ条を制定。
style"background-colorf4f1e9" 1889年
・ 同志社学院を同志社予備学校、同志社普通学校、同志社神学校と改称。
style"background-colorf4f1e9" 1890年
・ 新島襄永眠。
・ 同志社波理須(ハリス)理化学校(現・理工学部)を9月に開校。
style"background-colorf4f1e9" 1891年
・ 同志社政法学校開校。政治学科(現・法学部)と理財科(現・経済学部)を置く。
style"background-colorf4f1e9" 1892年
・ 同志社波理須理化学校を同志社波理須理科学校と改称。
style"background-colorf4f1e9" 1893年
・ 同志社徽章を制定。
・ 神学校内に宗教博物館を設置。
・ 神学館(現・クラーク記念館)竣工。
style"background-colorf4f1e9" 1896年
・ アメリカン・ボードとの関係悪化により外国人宣教師団が同志社から引き上げる。
・ 同志社普通学校を同志社高等普通学校と改称。
style"background-colorf4f1e9" 1897年
・ 同志社高等普通学校を同志社高等学部文科学校に改制。
・ 同志社政法学校を同志社高等学部政法学校に改制。
・ 同志社波理須理科学校を同志社高等学部波理須理科学校に改制。
style"background-colorf4f1e9" 1898年
・ 「同志社綱領」改訂をめぐって反対運動起こる(翌年に綱領復元)。
・ 安部磯雄により同志社消費組合結成。
style"background-colorf4f1e9" 1900年
・ 同志社財団寄付行為制定。
style"background-colorf4f1e9" 1904年
・ 専門学校令による同志社専門学校を設置(同志社高等学部文科学校と同志社高等学部波理須理科学校を統合)。
・ 専門学校令による同志社神学校を設置。
・ 同志社高等学部政法学校廃止。
style"background-colorf4f1e9" 1906年
・ 同志社病院・京都看病婦学校閉館。
style"background-colorf4f1e9" 1908年
・ 同志社カレッジソング制定。
style"background-colorf4f1e9" 1909年
・ 帝国教育会から「教育上功績上顕著なる私学の一」として慶應、早稲田、明治、中央、専修とともに表彰される。
style"background-colorf4f1e9" 1912年
(明治45年/大正元年)
・ 同志社専門学校、同志社神学校廃止。
・ 専門学校令による同志社大学を開校(社長・原田助)。神学部・政治経済部・英文科を設置。
style"background-colorf4f1e9" 1913年
・ 英文科卒業生に中等教員無試験検定資格を認定。
style"background-colorf4f1e9" 1917年
・ 図書館に愛山文庫(大原孫三郎の寄贈)を設置。
style"background-colorf4f1e9" 1918年
・ 予科の修業年限を2年に延長する。
style"background-colorf4f1e9" 1919年
・ 英文科を文学部、政治経済部を法学部と改称。
style"background-colorf4f1e9" 1920年
・ 関西で初めて大学令に基づいて大学に昇格(総長・海老名弾正)。同志社大学文学部(神学科・英文学科)、法学部(政治学科・経済学科)、大学院、予科(3年制)を設置。
style"background-colorf4f1e9" 1922年
・ 専門学校令による大学を同志社専門学校と改称再編し、神学部、英語師範部、高等商業部、政治経済部を設置。
style"background-colorf4f1e9" 1923年
・ 法学部法律学科を増設。
・ 同志社大学に同志社女学校専門学部から女子学生4名入学。
style"background-colorf4f1e9" 1925年
・ 創立50周年記念式挙行。
・ 京都学連事件起こる。
style"background-colorf4f1e9" 1926年
(大正15年/昭和元年)
・ 文学部神学科に神学専攻、倫理学専攻を設置。
style"background-colorf4f1e9" 1927年
・ 文学部哲学科を増設。
・ 同志社労働者ミッション設立。
style"background-colorf4f1e9" 1928年
・ 有終館出火事件により総長・理事・監事総辞職。
style"background-colorf4f1e9" 1929年
・ 同志社専門学校高等商業部を岩倉に移転。
style"background-colorf4f1e9" 1930年
・ 高等商業部が同志社高等商業学校として独立。
style"background-colorf4f1e9" 1931年
・ 文学部神学科に社会事業学専攻を設置。
style"background-colorf4f1e9" 1932年
・ アーモスト館および新島会館。
style"background-colorf4f1e9" 1933年
・ 大学予科を2年制と3年制の2部制とする。
・ 同志社専門学校英語師範部を1部・2部制とする。
style"background-colorf4f1e9" 1936年
・ 法学部内で左右両派の対立激化(国体明徴論文掲載拒否事件)。
style"background-colorf4f1e9" 1937年
・ 「同志社教育綱領」を発表。
・ 予科学生によるチャペル籠城事件起こる。
・ 専門学校神学部廃止。
style"background-colorf4f1e9" 1940年
・ 文学部哲学科倫理学および教育学専攻を倫理学、教育学専攻に分割。
・ 文学部に東亜研究所を設置。
・ 良心碑を有終館前の中庭に建立。
style"background-colorf4f1e9" 1941年
・ 文学部(神学科、英文学科、哲学科)を神学科(神学専攻)、文化学科(哲学倫理学、心理学、英語英文学、文芸学、厚生学専攻)に改制。
・ 日米関係悪化により外国人教員が同志社から引き上げる。
style"background-colorf4f1e9" 1942年
・ アーモスト館などの外国名の建物を日本名に変更(戦後旧称に戻す)。
style"background-colorf4f1e9" 1944年
・ 同志社大学研究所(現・人文科学研究所)設置。
・ 法文学部(神・厚生・法経の3学科)1学部に縮小。
・ 同志社工業専門学校を設置し、電気通信科、機械科、化学工業科を設置。
・ 同志社専門学校高等英語部と法律経済部を統合し同志社外事専門学校設立。
・ 同志社高等商業学校を同志社経済専門学校と改称。
style"background-colorf4f1e9" 1945年
・ 終戦により学徒勤労動員解除。
style"background-colorf4f1e9" 1946年
・ 法文学部を法経学部と文学部に再分離。
・ 厚生学科は文学部社会学科へ改組。
style"background-colorf4f1e9" 1947年
・ 文学部神学科から神学部へ改組。
style"background-colorf4f1e9" 1948年
・ 新制大学開校(総長・湯浅八郎)、4学部(神学部・文学部・法学部・経済学部)を開設。
style"background-colorf4f1e9" 1949年
・ 商学部、工学部を開設、6学部体制となる。
・ 日本の大学では初となる点字での入試を開始。
・ 学友会発足。
style"background-colorf4f1e9" 1950年
・ 大学院修士課程、神・文・法・経済・商各研究科を開設。
・ 短期大学部(夜間2年制)英語・商・経・工各学科を開設。
style"background-colorf4f1e9" 1951年
・ 学校組織を財団法人から学校法人に改める。
・ 大学教養学部(一般教育課程)を廃止。
style"background-colorf4f1e9" 1952年
・ 同志社各専門学校(経専・工専・外専)を廃止。
style"background-colorf4f1e9" 1953年
・ 大学院博士課程設置。
・ 明徳館竣工。
style"background-colorf4f1e9" 1954年
・ 短期大学部を発展的に解消し、文・法・経済・商・工各学部に2部(4年制)を設置。
style"background-colorf4f1e9" 1955年
・ 工学研究科修士課程開設。
style"background-colorf4f1e9" 1956年
・ キリスト教社会問題研究会を設置。
style"background-colorf4f1e9" 1957年
・ 同志社大学研究所を同志社大学人文科学研究所へ改称。
style"background-colorf4f1e9" 1958年
・ アメリカ研究所開設。
style"background-colorf4f1e9" 1959年
・ 理工学研究所開設。
style"background-colorf4f1e9" 1962年
・ 工学部電気学科を電気工学科、機械学科を機械工学科と改称。
style"background-colorf4f1e9" 1963年
・ 社史史料編集所を設置。
・ 礼拝堂が国の重要文化財に指定される。
・ 工学部に電子工学科、機械工学第二学科、化学工学科を増設。工学部第2部廃止。
style"background-colorf4f1e9" 1965年
・ 大学記念会館竣工。
style"background-colorf4f1e9" 1966年
・ 文学部社会学科に産業関係学専攻を増設。
style"background-colorf4f1e9" 1967年
・ 文学部文化学科教育学及心理学専攻を教育学、心理学専攻に分割。
style"background-colorf4f1e9" 1973年
・ 大学新図書館竣工。
style"background-colorf4f1e9" 1974年
・ 新町別館開館。
style"background-colorf4f1e9" 1975年
・ 同志社創立100周年記念事業を行う。
・ 計算機センター発足。
style"background-colorf4f1e9" 1976年
・ 光塩館(法・経研究室)竣工。
style"background-colorf4f1e9" 1979年
・ 彰栄館・有終館・ハリス理化学館・クラーク記念館が国の重要文化財に指定される。
style"background-colorf4f1e9" 1982年
・ 徳照館(文学部研究室・事務室)竣工。
style"background-colorf4f1e9" 1986年
・ 田辺校地(現・京田辺校地)開校。
・ 文学研究科社会福祉学専攻博士課程(後期課程)、国文学専攻博士課程(後期課程)開設。
style"background-colorf4f1e9" 1988年
・ 文学研究科美学および芸術学専攻修士課程を開設。
・ 新島記念講堂(礼拝堂)竣工。
style"background-colorf4f1e9" 1991年
(平成3年)
・ 初の大学院独立研究科として、アメリカ研究科を開設。
・ 学術情報センター発足。
style"background-colorf4f1e9" 1993年
・ 言語文化教育研究センター開設。
・ 宗教センターをキリスト教文化センターへ改称。
・ 文学研究科教育学専攻修士課程、文学研究科社会学専攻修士課程、アメリカ研究科アメリカ研究専攻博士課程(後期課程)開設。
style"background-colorf4f1e9" 1994年
・ 工学部知識工学科、機能分子工学科、物質化学工学科を開設。
・ 機械工学科を機械システム工学科に、機械工学第二学科をエネルギー機械工学科に改組。
・ 工学部および工学研究科、理工学研究所を田辺校地に統合移転。
style"background-colorf4f1e9" 1995年
・ 大学院独立研究科として、総合政策科学研究科を開設。
style"background-colorf4f1e9" 1996年
・ 文学研究科美学および芸術学専攻に博士課程(後期課程)を開設。
style"background-colorf4f1e9" 1997年
・ 文学研究科社会学専攻と総合政策科学研究科総合政策科学専攻に博士課程(後期課程)を開設。
・ 昼夜開講制を実施。
style"background-colorf4f1e9" 1998年
・ 文学研究科新聞学専攻に博士課程(後期課程)を開設。
・ 工学研究科に知識工学専攻修士課程、および数理環境科学専攻修士課程を開設。
・ セメスター制度を実施。
style"background-colorf4f1e9" 1999年
・ 留学生別科を設置。
style"background-colorf4f1e9" 2000年
・ 大学院工学研究科知識工学専攻に博士課程(後期課程)を開設。
style"background-colorf4f1e9" 2001年
・ 大学院文学研究科教育学専攻に博士課程(後期課程)を開設。
style"background-colorf4f1e9" 2003年
・ 大学院文学研究科産業関係学専攻修士課程を開設。
・ 学友会解散。
style"background-colorf4f1e9" 2004年
・ 政策学部、専門職大学院(司法研究科、ビジネス研究科)開設。
・ 工学部2学科増設。
・ 学生部から学生支援センターへ名称変更。
・ GPA制度導入。
・ 寒梅館(室町キャンパス)竣工。
style"background-colorf4f1e9" 2005年
・ 文学部社会学科から社会学部に改組。
・ 文化情報学部開設。
・ アンチエイジングリサーチセンター開設。
style"background-colorf4f1e9" 2006年
・ 工学部知識工学科をインテリジェント情報工学科に改組。
・ 付属小学校として同志社小学校が開校。
style"background-colorf4f1e9" 2007年
・ アンチエイジングドック開設。
style"background-colorf4f1e9" 2008年
・ 工学部から理工学部に改組、それに伴い、2学科を改組、1学科増設。
・ 生命医科学部(3学科)、スポーツ健康科学部(1学科)、大学院生命医科学研究科開設。
・ 学研都市キャンパスに赤ちゃん学研究センター開設。
style"background-colorf4f1e9" 2009年
・ 大学院総合政策科学研究科に一貫制博士課程の技術・革新的経営専攻を開設。
・ 文学部心理学科、文学研究科心理学専攻を心理学部・心理学研究科に再編し京田辺校地に展開。
・ 神学部、社会学部の学修校地を今出川校地へ統合。
・ 閉館していた温水プール施設、旧「レジーナ京都」を買収。継志館と改称し、施設を一般にも開放する。
style"background-colorf4f1e9" 2010年
・ 大学院スポーツ健康科学研究科・大学院グローバル・スタディーズ研究科を開設。
・ 大学院アメリカ研究科募集停止。
・ 隣接する同志社中学校が岩倉校地へ移転。大学の今出川キャンパスの拡張が可能となる。
style"background-colorf4f1e9" 2011年
・ 京田辺校地にグローバル・コミュニケーション学部を開設。
・ 国際教育インスティテュートを設置。
・ 付属学校として同志社国際学院(初等部・国際部)開設。
style"background-colorf4f1e9" 2012年
・ 大学院脳科学研究科を開設。
・ 大学院工学研究科を大学院理工学研究科に名称変更。
style"background-colorf4f1e9" 2013年
・ 文学部・法学部・経済学部・商学部の学修校地を今出川校地に統合。
・ 今出川校地にグローバル地域文化学部を開設。
・ 今出川校地に「烏丸キャンパス」(京都市産業技術研究所繊維技術センター跡地)を開設。
style"background-colorf4f1e9" 2014年
・ 大学院ビジネス研究科に修士課程のグローバル経営研究専攻を開設。
style"background-colorf4f1e9" 2015年
・ 大学院脳科学研究科の学修校地を京田辺校地(学研都市キャンパス)から京田辺校地(京田辺キャンパス)に移転。
・ 理工学研究所をハリス理化学研究所に改組。
style"background-colorf4f1e9" 2017年
・ 同志社大学テュービンゲンEUキャンパスを開設。

「同志社大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月14日20時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター