amazon ベストセラー ランキング チャート センター試験対策
『センター試験対策』のamazon ベストセラーランキングチャートを見てみましょう。
※ このページは、amazonの『センター試験対策』カテゴリー内TOP10の10日間のベストセラー推移をグラフ化した、ランキングサイトです(1日ごとに更新しています)。1位から10位までを上から順番に3つずつ並べてあり、商品の順位の変化をそれぞれの色の折れ線グラフで描いています(同じ色の線を左に辿って、過去に遡って順位を見ます)。また、上記メニューより、他のカテゴリーの売れ筋推移グラフも表示する事ができます。
『センター試験対策』の順位をみていきましょう。右側に上位から並んでいるのが今回の順位です。前回と比べてみると、下位ランキングはたいへん変化の無い状況となっています。今回トップを獲得したのは『一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書 公立高校教師YouTuberが書いた』。長期間堅実に1位を維持しています。注目は『試験に出る哲学 「センター試験」で西洋思想に入門する (NHK出版新書)』、圏外から2位とがっちり順位を伸ばしノリノリ!それに対し元気がないのが第5位の『立命館大学(後期分割方式・「経営学部で学ぶ感性+共通テスト」方式)/立命館アジア太平洋大学(後期分割方式) (2021年版大学入試シリーズ)』で、大きく順位を落としています。ランキング同じ『漢文早覚え速答法 共通テスト対応版 (大学受験VBOOKS)』がもう一歩の第3位。『大学入学共通テスト 地理Bの点数が面白いほどとれる本』が4位。順位を上げて6位は『やさしい高校数学(数I・A)【新課程】』。『受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】共通テスト完全対応版』が第7位。8位は『漢文ヤマのヤマ 共通テスト対応版 (大学受験超基礎シリーズ)』。『船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)』が第9位にランクアップしてます。『大学入学共通テスト 倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる本』が最後第10位。翌日の『センター試験対策』のチャートはどうなるのでしょうか?お楽しみに。