ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

専修(商)法/経/商/社会系


偏差値57( 4つ星評価 )
得点率概算68.4%
615.6点/900点満点
偏差値順位全国 594位/2324校( 学部単位 )
関東地方 256位/785校( 学部単位 )
神奈川県 30位/108校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【専修大学】
概要
年表 ・ 1880年 専修学校創立(東京府京橋区)。夜間2年制の経済科(現・経済学部)および法律科(現・法学部)を置く
・ 1881年 法律雑誌『明法志林』を発行
・ 1882年 神田区中猿楽町に移転(順天求合社の校舎を借用)
・ 1883年 修業年数を3年に延長する
・ 1885年 神田区今川小路(現在の神田キャンパスの地)に校舎を新築し、移転
・ 1886年 私立法律学校特別監督条規により、専修学校など五大法律学校が帝国大学特別監督下に入る
・ 1887年 校外員制度を設けて経済学および法律学の通信教育を開始
・ 1888年 五大法律学校連合大討論会に参加。経済科を理財科と改称
・ 1889年 政治科を設置(1891年廃止)
・ 1893年 法律科の生徒募集を停止
・ 1903年 専門学校令準拠の専門学校として認可される
・ 1905年 理財科を経済科に改称。商科を増設(1911年廃止)
・ 1906年 大学部・専門部・高等専攻部(大学院の原型)・大学予科を設置して大学組織とする
・ 1907年 学校組織を社団法人とする
・ 1913年 私立専修大学と改称
・ 1917年 専門部に計理科増設
・ 1919年 専修大学と改称
・ 1920年 大学令による大学設立認可申請書を提出。学校組織を社団法人から財団法人に改める。新校舎竣工(木造3階建て、関東大震災で焼失)
・ 1921年 予科の修業年限を2年に延長する
・ 1922年 大学令による大学として認可される
・ 1923年 大学令による専修大学設置、経済学部および大学予科、専門部を開設
・ 1927年 法学部設置
・ 1928年 鉄筋3階建ての新校舎竣工。専門部に法律科・商業科増設
・ 1929年 学部・専門部全学科で昼夜2部制をとる
・ 1931年 専門部法律科を法科と改称
・ 1932年 専門部商業科を商科と改称
・ 1934年 学長を総長と改称
・ 1939年 総長・学長の二長制に移行
・ 1943年 学徒出陣壮行会
・ 1944年 夜間部予科の学生募集停止。専門部の法科・経済科・商科・計理科を政経科と経営科に統合(戦後復旧)
・ 1945年 終戦により学徒勤労動員解除
・ 1946年 女子学生がはじめて入学する
・ 1947年 労働講座を開講(翌年労働学院に改組し、1957年まで存続)
・ 1948年 川崎市生田の日本電気研究所跡地を取得(現在の生田キャンパス)
・ 1949年 学制改革により新制大学として発足。商経学部(経済学科・商業学科)・法学部(法律学科)設置。旧制専門部の学生募集停止
・ 1950年 短期大学部商経科・法律実務科設置(1965年3月廃止)。旧制学部の学生募集停止。旧制専門部最後の学生が卒業する
・ 1951年 学校組織を財団法人から学校法人に改める。旧制学部最後の学生が卒業する
・ 1952年 大学院経済学研究科経済学専攻修士課程設置
・ 1954年 大学院法学研究科私法学専攻修士課程設置
・ 1955年 大学院経済学研究科経済史・経済学史専攻・法学研究科民事法学専攻博士後期課程設置
・ 1961年 旧制専修大学廃止
・ 1962年 経営学部経営学科設置
・ 1963年 商経学部を経済学部と改称
・ 1965年 商学部商業学科設置
・ 1966年 文学部国文・英米文・人文学科設置
・ 1968年 商学部に会計学科増設
・ 1970年 大学院経済学研究科経済史・経済学史専攻博士後期課程を大学院経済学研究科経済学専攻博士後期課程に改組
・ 1971年 大学院文学研究科国文学・英文学・哲学専攻修士課程設置。法学部の1年次は生田キャンパスへ移転
・ 1972年 経営学部に情報管理学科増設
・ 1973年 神田キャンパス1号館竣工、落成式に田中角栄総理大臣参列。大学院文学研究科国文学・英文学・哲学専攻博士課程設置
・ 1974年 大学院法学研究科に公法学専攻修士課程・博士課程増設
・ 1975年 大学院経営学研究科経営学専攻・商学研究科商学専攻修士課程設置
・ 1977年 大学院経営学研究科経営学専攻・商学研究科商学専攻博士課程設置
・ 1979年 常陸宮正仁親王殿下・華子妃殿下臨席のもと創立100年記念式典挙行。創立100年を記念してコロンビア大学のドナルド・キーン教授(当時)が来校し、生田キャンパスで学術講演会を開催
・ 1992年 大学院文学研究科史学・地理学・社会学・心理学専攻修士課程増設
・ 1994年 大学院文学研究科史学・地理学・社会学・心理学専攻博士後期課程増設
・ 1996年 経済学部に国際経済学科、文学部に心理学科増設
・ 2000年 神田キャンパスにて大学院経済学研究科経済学専攻修士課程の夜間開講が始まる
・ 2001年 文学部国文学科を日本語日本文学科に、英米文学科を英語英米文学科に名称変更。経営学部情報管理学科をネットワーク情報学部ネットワーク情報学科に改組転換
・ 2002年 神田キャンパスにて大学院経済学研究科経済学専攻修士課程1年制コースを夜間開講。大学院文学研究科修士・博士後期課程国文学専攻を日本語日本文学専攻、英文学専攻を英語英米文学専攻、史学専攻を歴史学専攻に名称変更。神田キャンパスにて大学院商学研究科商学専攻修士課程を夜間開講
・ 2004年 大学院法務研究科法務専攻(法科大学院)設置
・ 2006年 法学部に政治学科増設。商学部商業学科をマーケティング学科に名称変更
・ 2009年 創立130年記念式典挙行
・ 2010年 文学部心理学科を人間科学部心理学科に改組転換し、人間科学部社会学科を新設。文学部日本語日本文学科を日本文学文化学科と日本語学科に、人文学科を哲学科、歴史学科、環境地理学科に改組転換し、人文・ジャーナリズム学科を増設。大学院商学研究科に会計学専攻修士課程・博士後期課程増設
・ 2012年 法学部一部の1年次を神田キャンパスに移転し、法学部を神田キャンパスに集約
・ 2019年 文学部の人文学科を廃止。経営学部にビジネスデザイン学科を増設。文学部の人文・ジャーナリズム学科をジャーナリズム学科に改組
・ 2020年 商学部一部を神田キャンパスへ移転。国際コミュニケーション学部を神田キャンパスに開設(文学部日本語学科を国際コミュニケーション学部日本語学科に改組転換、国際コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科を新設)。経済学部の一部経済学科を現代経済学科と生活環境経済学科に改組。経済学部一部経済学科、経済学部二部経済学科、法学部二部法律学科、商学部二部マーケティング学科を学生募集停止

「専修大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月31日5時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター