ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

横浜市立(医-看護)医/薬/保健系


偏差値54( 3つ星評価 )
得点率概算64.8%
583.2点/900点満点
偏差値順位全国 851位/2324校( 学部単位 )
関東地方 339位/785校( 学部単位 )
神奈川県 42位/108校( 学部単位 )
国公立/私立国公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【横浜市立大学】
概要
年表 ・ 1871年(明治4年) - 仮病院設立。
・ 1872年(明治5年) - 横浜中病院開院(その後、移転)。横浜共立病院開院。
・ 1874年(明治7年) - 横浜共立病院を十全病院と改称。
・ 1882年(明治15年) - 商学部の起源となる横浜商法学校設立。
・ 1888年(明治21年) - 横浜商法学校を横浜商業学校と改称。
・ 1892年(明治25年) - 横浜商業学校が町立となる。Y帽章が制定され、Y校の通称が生じる。
・ 1898年(明治31年) - 横浜市立十全看護婦養成所設立。
・ 1917年(大正6年) - 横浜市に移管され、校名を横浜市立横浜商業学校と変更。
・ 1928年(昭和3年) - 横浜市立横浜商業学校の専修科を母体として横浜市立横浜商業専門学校(通称・Y専)開校。
・ 1944年(昭和19年)
 ・横浜市立横浜商業専門学校を横浜市立経済専門学校に改称。
 ・横浜市立医学専門学校開校。
 ・横浜市立医学専門学校附属十全病院開院。
・ 1947年(昭和22年) - 横浜市立医学専門学校が旧制大学に昇格し、横浜医科大学となる。
・ 1949年(昭和24年) - 学制改革により新制大学の横浜市立大学が開学。商学部を設置。
・ 1952年(昭和27年) - 横浜医科大学と横浜市立大学が統合し、横浜市立大学となる(医学部と文理学部を設置)。
・ 1955年(昭和30年) - 医学部進学課程を設置。
・ 1961年(昭和36年) - 大学院医学研究科 (博士課程) を設置。
・ 1963年(昭和38年)
 ・教養部を設置。
 ・国鉄鶴見事故で三枝博音学長が死去、大学葬が執り行われた。
・ 1966年(昭和41年) - 市立高等看護学校、市立准看護学校が開校。
・ 1970年(昭和45年) - 商学部を母体に大学院経営学研究科 (修士課程)、大学院経済学研究科 (修士課程) を設置。
・ 1971年(昭和46年) - 市立高等看護学校と市立准看護学校を再編し、医学部附属高等看護学校に改称。
・ 1987年(昭和62年) - 福浦キャンパス設置。
・ 1989年(平成元年) - 大学院総合理学研究科 (修士課程) を設置。
・ 1991年(平成3年)
 ・大学院経営学研究科に博士後期課程を設置。
 ・大学院総合理学研究科に博士後期課程を設置。
・ 1993年(平成5年) - 大学院国際文化研究科 (修士課程) を設置
・ 1995年(平成7年)
 ・文理学部を改組し、国際文化学部と理学部を設置。
 ・看護短期大学部を設置。
・ 1996年(平成8年) - 大学院国際文化研究科に博士後期課程を設置。
・ 1997年(平成9年)
 ・大学院経済学研究科に博士後期課程を設置。
 ・医学部附属高等看護学校廃止。
・ 1998年(平成10年) - 大学院医学研究科医科学専攻 (修士課程) を設置。
・ 2001年(平成13年)
 ・連携大学院として総合理学研究科に生体超分子システム科学専攻(博士後期課程)を設置。
 ・鶴見キャンパスを設置。
・ 2003年(平成15年) - 大学院の医学研究科 (博士課程) を再編。
・ 2005年(平成17年)
 ・公立大学法人横浜市立大学発足。
 ・商学部、国際文化学部、理学部の3学部を統合し国際総合科学部を設置。
 ・看護短期大学部を募集停止し、医学部に統合し、医学部看護学科を設置。
 ・大学院の経営学研究科、経済学研究科、総合理学研究科、国際文化研究科を統合し、国際総合科学研究科を設置。
 ・教養部を廃止。
・ 2009年(平成21年) - 大学院国際総合科学研究科を再編し、都市社会文化研究科、国際マネジメント研究科、生命ナノシステム科学研究科を設置。
・ 2010年(平成22年) - 大学院医学研究科看護学専攻 (修士課程) 設置。
・ 2013年(平成25年) - 大学院に生命医科学研究科を設置。
・ 2018年(平成30年) - データサイエンス学部、大学院医学研究科看護学専攻 (博士後期課程) 設置。
・ 2019年(平成31年) - 国際総合科学部を再編し、国際教養学部、国際商学部、理学部を設置。
・ 2020年(令和2年) - 横浜ランドマークタワー内の産学連携施設「NANA Lv」に「みなとみらいサテライトキャンパス」開設(予定)。※横浜市立大学・Y専・Y校の同窓会である社団法人進交会の沿革も参照のこと。

「横浜市立大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月5日18時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター