ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

横浜国立(理工)理/工系


偏差値62( 4つ星評価 )
得点率概算74.4%
669.6点/900点満点
偏差値順位全国 355位/2324校( 学部単位 )
関東地方 158位/785校( 学部単位 )
神奈川県 16位/108校( 学部単位 )
国公立/私立国公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【横浜国立大学】
概要
年表 ・1876年 - 横浜師範学校(後の神奈川師範学校)設置。
・1920年 - 横浜高等工業学校(後の横浜工業専門学校)設置。
・1920年 - 神奈川県立実業補習学校教員養成所(後の神奈川青年師範学校)設置。
・1923年 - 横浜高等商業学校(後の横浜経済専門学校)設置。
・1949年 - 横浜経済専門学校、横浜工業専門学校、神奈川師範学校、神奈川青年師範学校を母体として横浜国立大学が発足。学芸学部、経済学部、工学部を設置。
・1963年 - 大学院工学研究科(修士課程)設置。
・1966年 - 学芸学部を教育学部に改称。
・1967年 - 経済学部を改組し、経済学部と経営学部に分離。
・1972年 - 大学院経済学研究科(修士課程)および経営学研究科(修士課程)設置。
・1974年 - 清水ケ丘、弘明寺、鎌倉などに分散していたキャンパスを統合し、程ヶ谷カントリー倶楽部移転跡地に常盤台キャンパスを設置。
・1979年 - 工学部の常盤台キャンパス移転完了、大学院教育学研究科(修士課程)設置。
・1985年 - 大学院工学研究科に博士課程を設置。
・1990年 - 大学院国際経済法学研究科(博士課程)設置。
・1994年 - 大学院国際開発研究科(博士課程後期)設置。
・1996年 - 大学院連合学校教育学研究科(博士課程後期。東京学芸大学、埼玉大学、千葉大学と横浜国立大学による連合大学院)を設置。
・1997年 - 教育学部を教育人間科学部に改組。
・1999年 - 大学院の経済学研究科、経営学研究科、国際経済法学研究科、国際開発研究科を統合し、大学院国際社会科学研究科(博士課程前期・博士課程後期)を設置。
・2001年 - 大学院工学研究科を工学研究院・工学府(博士課程前期・博士課程後期)に改組。環境科学研究センターを大学院環境情報研究院・環境情報学府(博士課程前期・博士課程後期)に改組。
・2004年 - 法改正により国立大学法人へ移行。大学院国際社会科学研究科に法曹実務専攻(法科大学院)を設置、経済学部経済法学科を廃止。
・2011年 - 教育人間科学部および工学部を改組し理工学部を設置。大学院教育学研究科を改組、大学院都市イノベーション研究院・都市イノベーション学府(博士課程前期・博士課程後期)を設置。
・2013年 - 国際社会科学研究科を廃止し、国際社会科学研究院・国際社会科学府(博士課程)を設置。
・2017年 - 都市科学部を設置。教育人間科学部を改組し教育学部に改称。大学院教育学研究科に高度教職実践専攻(教職大学院)を設置。
・2018年 - 大学院工学府を改組し理工学府を設置。大学院環境情報学府を改組。大学院国際社会科学府法曹実務専攻(法科大学院)の2019年度以降の学生募集を停止。

「横浜国立大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年6月7日12時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター