ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

日本(医-医)医/薬/保健系


偏差値69( 5つ星評価 )
得点率概算82.8%
745.2点/900点満点
偏差値順位全国 137位/2324校( 学部単位 )
関東地方 66位/785校( 学部単位 )
東京都 57位/417校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【日本大学】
概要
年表  ○ 明治(1882年 - 1912年7月30日)
・ 1882年(明治15年)11月 - 旧所在地・東京府麹町区飯田町五丁目8番地に皇典講究所開黌
・ 1889年(明治22年)
 ・ 1月 - 山田顕義が皇典講究所所長に就任。
 ・ 10月 - 日本法律学校を設立(初代校長・金子堅太郎。法学部の前身)。
・ 1890年(明治23年)9月 - 皇典講究所講堂で開校式を挙行(翌月授業開始)。
・ 1892年(明治25年)11月 - 学祖山田顕義死去。
・ 1893年(明治26年)
 ・ 7月 - 第1回卒業式を挙行。
 ・ 12月 - 司法省指定学校となり、判事検事登用試験の受験資格を得る。第2代校長に松岡康毅就任。校友会を結成。
・ 1895年(明治28年)10月 - 神田区一ツ橋通町(現・千代田区一ツ橋2丁目)の大日本教育会内に移転。
・ 1896年(明治29年)6月 - 同区三崎町(現・神田三崎町)の新校舎に移転。
・ 1898年(明治31年)
 ・3月 - 高等専攻科を設置し、卒業生に日本法律学士の称号を授与。
 ・12月 - 学校組織を財団法人に改め、皇典講究所より分離独立する。
・ 1901年(明治34年)10月 - 高等師範科(文理学部の前身)を設置。
・ 1903年(明治36年)
 ・2月 - 高等予備科(予科の前身)・高等法学科(学部の前身)を設置。
 ・8月 - 校則を改め大学組織となり、日本大学と改称。高等専攻科を専門部高等専攻科、高等師範科を高等師範部、高等法学科を大学部、高等予備科を大学予科と改称。制服・制帽・徽章を制定。
 ・10月 - 外国語専修部(英語・ドイツ語専修科)を設置。
・ 1904年(明治37年)
 ・3月 - 専門学校令による大学となる(旧制専門学校)。政治科・商科(経済学部および商学部の前身)を設置。
・ 1905年(明治38年)
 ・9月 - 専門部に外国語科を設置(1907年廃止)。
 ・10月 - 大学部商科の授業開始。
・ 1906年(明治39年)
 ・1月 - 大学部を第一部(法律科)・第二部(政治科)・第三部(商科)に分割。商科附属殖民科を設置(1912年廃止)。
 ・8月 - 初の留学生をヨーロッパへ送る。
・ 1907年(明治40年)5月 - 東京獣医学校(生物資源科学部獣医学科の前身)設立認可。
・ 1908年(明治41年)2月 - 日本高等予備校設立認可。
・ 1911年(明治44年)4月 - 大学部・専門部の政治科の授業開始。
 ○ 大正(1912年 - 1926年12月25日)
・ 1913年(大正2年)4月 - 日本大学中学校開校(最初の附属中学校)。
・ 1914年(大正3年)6月 - 「建学ノ主旨及綱領」制定。
・ 1916年(大正5年) - 図書館開設。
・ 1917年(大正6年)4月 - 予科の修業年限を2年に延長。専門部宗教科を新設。
 ○ 大学令公布(1919年4月1日)
・ 1920年(大正9年)
 ・ 3月 - 大学令による大学設立申請を行う。
 ・ 4月 - 大学令による大学設立認可。法文学部(法律科・政治科・宗教科・社会科)と商学部(商科)を設置。専門部と高等師範部に女子の入学が許可される。
 ・ 5月 - 創立30周年記念校舎竣工。大学昇格祝賀会を挙行。
 ・ 6月 - 日本大学高等工学校(土木、建築)設置(理工学部の基礎となる)。高等師範部に国語漢文科を設置。
・ 1921年(大正10年)
 ・ 3月 - 法文学部に美学科(芸術学部の前身)を設置。
 ・ 4月 - 1916年創立の東洋歯科医学専門学校(歯学部の前身)を合併し、日本大学歯科医学校を開設。
 ・ 9月 - スクールカラー「紅」を制定。
 ・ 10月 - 神田区駿河台北甲賀町に新校舎建設。
・ 1922年(大正11年)
 ・ 3月 - 総長・学長の二長制に移行(総長・松岡康毅、学長・平沼騏一郎)。
 ・ 6月 - 日本大学歯科医学校を日本大学専門部歯科と改称。
・ 1923年(大正12年)
 ・ 3月 - 専門学校令準拠の大学部・大学予科を廃止。
 ・ 9月 - 関東大震災により三崎町および駿河台の校舎全焼。松岡康毅総長死亡。
 ・ 11月 - 平沼騏一郎が総長に、山岡萬之助が学長に就任。
・ 1924年(大正13年)
 ・ 1月 - 仮校舎竣工。商学部に経済学科を設置。大学予科に3年制課程を追加。
 ・ 3月 - 法文学部美学科を文学科と改称。
・ 1925年(大正14年)3月 - 専門部医学科(医学部の前身)を設置(駿河台)。大阪府中河内郡弥刀村に日本大学専門学校を設立。
 ○ 昭和(1926年 - 1989年1月7日)
・ 1926年(大正15年)
 ・ 4月 - 高等師範部に地理歴史科と英語科を設置。
 ・ 11月 - 医学科附属駿河台病院を開設。
 ・ 5月 - 予科文科生徒による同盟休校事件発生(~6月)。
 ・ 9月 - 三崎町新校舎落成式を挙行。
・ 1929年(昭和4年)
 ・ 4月 - 法文学部に史学専攻を設置。専門部工科(工学部の前身)を設置(2年制)。
 ・ 5月 - 校歌を制定(3代目、現在の校歌)。
 ・ 9月 - 予科校舎竣工。
・ 1932年(昭和7年)1月 - 医学科附属看護婦養成所を設置(1951年廃止)。
・ 1934年(昭和9年)
 ・ 3月 - 商学部を商経学部と改称。
 ・ 4月 - 学部教育は昼間部のみで行い、専門部教育は夜間とすることを大学理事会で決定(学部教育と専門部教育とを完全分割)。
・ 1935年(昭和10年)
 ・ 5月 - 医学科附属板橋病院を開設。
・ 1936年(昭和11年)
 ・ 2月 - 日本大学図書館開館式を挙行。
 ・ 12月 - 法人の代表として総裁を置き、総長・学長を法人外役員とする(翌年山岡萬之助が総裁に就任)。
・ 1937年(昭和12年)
 ・ 4月 - 法文学部文学科芸術学専攻を法文学部芸術学科、専門部文科文学芸術専攻を芸術科に改組。専門部拓殖科(農学部の前身)を神奈川県高座郡六会村に設置(3年制)。
 ・ 6月 - 大学本部内に皇道研究所を設置(翌年皇道講座を開講)。
 ・ 12月 - 予科文科が世田谷区上北沢に移転(世田谷予科)。
・ 1938年(昭和13年)10月 - 創立50周年記念式典に高松宮宣仁親王台臨。
・ 1939年(昭和14年)
 ・ 2月 - 皇道講座を皇道学院と改称(終戦後廃止)。
 ・ 4月 - 工学部予科(予科理科)が世田谷に移転。法文学部芸術学科と専門部芸術科が板橋区江古田町に移転。
・ 1940年(昭和15年)
 ・2月 - 日本大学大阪専門学校を財団法人大阪専門学校へ移管(現・近畿大学)。
 ・3月 - 法文学部政治学科を政治経済学科と改称。
・ 1941年(昭和16年)5月 - 日本大学報国団を結成。
・ 1942年(昭和17年)
 ・ 3月 - 医学部の認可(予科3年、学部4年制)。
・ 1944年(昭和19年)
 ・ 2月 - 商経学部を経済学部と改称。
 ・ 4月 - 専門部法律科・政治科・商科・経済科・宗教科および高等師範部の学生募集停止。専門部芸術科を専門部工科(板橋工科、写真工業科・映画工業科)に転換。
 ・ 9月 - 経済学部が三崎町から世田谷に移転(戦後三崎町に戻る)。
・ 1945年(昭和20年)
 ・ 4月 - 空襲により板橋病院焼失を設置。
 ・ 7月 - 総裁を会頭と改め、理事長職を新設。
 ・ 8月 - 専門部拓殖科を廃止、農業経済科を新設。
 ○ 学校教育法公布(1947年4月1日)
・ 1947年(昭和22年)
 ・ 2月 - 専門部法律科・政治経済科・商科・経済科・社会科・宗教科および高等師範部の学生募集再開。
 ・ 3月 - 専門部工科が駿河台から福島県高瀬村および守山町に移転(郡山工科、のちの第二工学部→工学部)。
 ・ 6月 - 農学部に林学科と水産学科(横須賀市の陸軍重砲兵学校跡地)を設置。
 ・ 8月 - 法文学部に新聞学科を設置。歯学部予科を開設。
・ 1948年(昭和23年)
 ・ 3月 - 専門部医学科を廃止。
 ・ 3月 - 新学制による日本大学第二部(法・文・経済・工)設置認可。
 ・ 4月 - 旧制世田谷予科と三島予科を廃止し、新制世田谷教養部と三島教養部を設置。旧制専門部と高等師範部の学生募集停止。新制大学最初の入学式を挙行。「建学ノ主旨及綱領」を改め、 「目的および使命」を制定。
 ・ 10月 - 創立60周年記念祭に昭和天皇臨席。
・ 1950年(昭和25年)3月 - 短期大学部を東京都千代田区に設置。芸術学部に演劇学科を設置。
・ 1951年(昭和26年)
 ・ 3月 - 旧制専門部および高等師範部廃止。
 ・ 4月 - 大学院を設置。
 ・ 11月 - 1907年創立の東京獣医畜産大学を農学部に吸収合併。
・ 1952年(昭和27年)
 ・ 2月 - 医学部・歯学部を新学制に移行。工学部に薬学科(薬学部の前身)・工業経営学科(生産工学部の前身)を設置。
 ・ 3月 - 農学部に獣医学科を増設し、農獣医学部(生物資源科学部の前身)と改称。豊山中・高が日本大学と提携(1954年に日大本体に統合)。
・ 1954年(昭和29年)4月 - 歯学部附属歯科技工士養成所を設置。
・ 1955年(昭和30年)4月 - 岩手医科大学の委託を受け、進学課程(医学課程)の一般教育を三島教養部で実施(1966年まで)。
・ 1956年(昭和31年)3月 - 津田沼校地を取得(翌年工学部工業経営学科が移転)。大学院医学研究科を設置。
・ 1959年(昭和34年)
 ・ 1月 - 「目的および使命」を改正。理工学部に数学科を設置。文理学部に独文学科を設置。
 ・ 10月 - 創立70周年記念式典に昭和天皇臨席。
・ 1960年(昭和35年)1月 - 芸術学部に放送学科を設置。
・ 1961年(昭和36年)3月 - 大学令による旧制日本大学廃止。
・ 1962年(昭和37年)3月 - 文理学部に体育学科、化学科、応用数学科を設置。農獣医学部に農業工学科、食品製造工学科を設置。
・ 1963年(昭和38年)
 ・ 4月 - 商学部砧校舎を開設(新東宝撮影所跡地)。
 ・ 12月 - 原子力研究所を設置。
・ 1964年(昭和39年)1月 - 経済学部に産業経営学科、商学部に経営学科、会計学科を設置。
・ 1965年(昭和40年)1月 - 第一工学部(工業経営学科の前身)を設置(理工学部経営工学科を廃止・昇格)。
・ 1966年(昭和41年)
 ・ 1月 - 第一工学部を生産工学部、第二工学部を工学部と改称。
 ・ 3月 - 付属豊山女子高を設置。
・ 1968年(昭和43年)
 ・ 5月 - 日大紛争起こる。
 ・ 12月 - 会頭制を廃止し、会長と理事長に代表権を置く。
・ 1969年(昭和44年)4月 - 法学部大宮キャンパス落成(現在は体育施設)。
・ 1971年(昭和46年)2月 - 日本大学松戸歯科大学(松戸歯学部の前身)を千葉県松戸市に設置。
・ 1975年(昭和50年)
・ 1976年(昭和51年)
 ・ 3月 - 指定校(準付属に準ずる提携校)制度廃止。
 ・ 4月 - 日本大学松戸歯科大学を廃止統合、松戸歯学部へと改称。
・ 1977年(昭和52年)12月 - 理工学部第一部に海洋建築工学科、航空宇宙工学科、電子工学科を設置。
・ 1978年(昭和53年)12月 - 三島教養部を改組し、国際関係学部を静岡県三島市に設置。
・ 1979年(昭和54年)9月 - 山田顕義の生誕地・山口県萩市に顕義園を開設。
・ 1980年(昭和55年)3月 - 医学部附属看護専門学校を設置。
・ 1985年(昭和60年)11月 - 皇典講究所発祥記念碑を皇典講究所跡地(千代田区飯田橋)に國學院大學と建立。
・ 1987年(昭和62年)12月 - 薬学部を設置(理工学部薬学科を移行・昇格)。
 ○ 平成(1989年以降)
・ 1989年(平成元年)
 ・ 4月 - 芸術学部所沢キャンパス開設。
 ・ 10月 - 天皇・皇后臨席のもと創立100周年記念式典を挙行。
・ 1991年(平成3年)4月 - 医学部付属練馬光が丘病院を開設。
 ・ 11月 - NUBIC(国際産業技術・ビジネス育成センター)を開設。
・ 1999年(平成11年)4月 - 所沢キャンパスに総合学術情報センターおよび大学院総合社会情報研究科(通信制大学院)、日本大学会館内に大学院グローバル・ビジネス研究科 (NBS)(ビジネススクール)を設置。
・ 2002年(平成14年)
 ・ 3月 - 原子力研究所を量子科学研究所と名称変更。
 ・ 4月 - 日本大学旧本部棟(法学部図書館)解体。
・ 2004年(平成16年)
 ・ 4月 - 大学院法務研究科(法科大学院)設置。通信教育部校舎内に総合生涯学習センターを開設(三崎町キャンパス3号館内)。
 ・ 10月 - 法学部新図書館開館。
・ 2005年(平成17年)4月 - 大学院総合科学研究科(総合研究大学院)設置。
・ 2006年(平成18年)4月 - 薬学教育6年制移行により、薬学部薬学科を6年制に移行。
・ 2007年(平成19年)6月 - 日本大学のロゴマーク「Nドット」制定。
・ 2009年(平成21年)1月 - 入試情報等のサービス提供拠点として、日本大学インフォメーションプラザ(NUIP)を、日本大学会館の隣接地(市ヶ谷キャンパス)に開設(2012年12月27日閉館)。
・ 2010年(平成22年)4月 - 大学院新聞学研究科・知的財産研究科(独立研究科)を設置。
・ 2011年(平成23年)
 ・ 3月 - 東日本大震災の避難場所として一時的にお茶の水キャンパスを開放。卒業式・修了式中止。
 ・ 4月 - 震災の影響により入学式中止。
 ・ 10月 - Googleと契約し、NU-AppsGという日本大学のクラウドを作る。
 ・ 11月 - 大学院グローバル・ビジネス研究科の学生募集停止を発表。
・ 2012年(平成24年)3月 - 練馬光が丘病院閉院。
 ・ 10月 - 駿河台日本大学病院を「日本大学病院」と名称を改めて神田駿河台に新築移転。
・ 2016年(平成28年)
 ・ 4月 - 危機管理学部・スポーツ科学部を世田谷区三軒茶屋に開設。
 ・ 12月 - 日本大学教育憲章を制定。
・ 2017年(平成29年)4月 - 大学院知的財産研究科の学生募集停止。
・ 2018年(平成30年)4月 - 三崎町キャンパスを神田三崎町キャンパスと改称。
・ 2019年(平成31年)2月 - 芸術学部所沢キャンパス廃止。

「日本大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年6月5日1時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター