ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

東京都市(知識工)理/工系


偏差値54( 3つ星評価 )
得点率概算64.8%
583.2点/900点満点
偏差値順位全国 851位/2324校( 学部単位 )
関東地方 339位/785校( 学部単位 )
東京都 227位/417校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【東京都市大学】
概要
沿革 沿革節の主要な出典は、東京都市大学公式サイト「大学案内 大学の歴史」。
・ 1929年(昭和4年) - 東京高等工商学校(現・芝浦工業大学)の元教員・学生が中心となり、武蔵高等工科学校として創立(電気・土木・建築の3工学科を設置)
・ 1934年(昭和9年) - 機械工学科を増設
・ 1942年(昭和17年) - 実業学校令、専門学校令による武蔵高等工業学校開設(機械・電気・土木・建築の4工学科を設置)
・ 1944年(昭和19年) - 武蔵工業専門学校と改称(機械・電気・土木・建築の4科に改称し電気通信科を増設)
・ 1949年(昭和24年) - 学制改革により大学に昇格(工学部機械工学科、電気工学科、建設工学科)
・ 1950年(昭和25年) - 短期大学部開設(機械科、電気科、建設科)
・ 1951年(昭和26年) - 武蔵工業学園高等学校開設
・ 1953年(昭和28年) - 武蔵工業学園高等学校を武蔵工業大学付属高等学校と改称
・ 1956年(昭和31年) - 武蔵工業大学付属中学校開設、信州電波専門学校を開校
・ 1957年(昭和32年) - 工学部に電気通信工学科を増設、建設工学科を建築工学科、土木工学科に分離
・ 1958年(昭和33年) - 信州電波専門学校を武蔵工業大学付属目黒高等無線学校信州分校に改称。
・ 1959年(昭和34年) - 工学部に生産機械工学科、経営工学科を増設
・ 1960年(昭和35年) - 付属原子力研究所発足
・ 1961年(昭和36年) - 武蔵工業大学付属目黒高等無線学校信州分校が武蔵工業大学付属信州工業高等学校となる
・ 1965年(昭和40年) - 工学部の機械工学科と生産機械工学科を合併(機械工学科)
・ 1966年(昭和41年) - 大学院修士課程開設(工学研究科機械工学専攻、生産機械工学専攻、電気工学専攻、建築学専攻)
・ 1968年(昭和43年) - 短期大学部廃止、大学院博士課程開設(工学研究科機械工学専攻、生産機械工学専攻、電気工学専攻、建築学専攻)
・ 1969年(昭和44年) - 工学部電気通信工学科を電子通信工学科に改称
・ 1972年(昭和47年) - 大学院修士課程工学研究科に土木工学専攻増設
・ 1977年(昭和52年) - 情報処理センター発足
・ 1981年(昭和56年) - 大学院博士課程工学研究科に土木工学専攻増設、大学院修士課程工学研究科に経営工学専攻、原子力工学専攻増設
・ 1985年(昭和60年) - 工学部電気工学科を電気電子工学科に改称
・ 1992年(平成4年) - 水素エネルギー研究センター発足
・ 1994年(平成6年) - 五島記念館竣工
・ 1997年(平成9年) - 工学部に機械システム工学科、電子情報工学科、エネルギー基礎工学科を増設、環境情報学部開設(環境情報学科)、情報メディアセンター発足
・ 1999年(平成11年) - エネルギー環境技術開発センター開所
・ 2000年(平成12年) - 産官学交流センター発足
・ 2001年(平成13年) - 大学院修士課程に環境情報学研究科環境情報学専攻設置、大学院博士課程及び修士課程工学研究科生産機械工学専攻を機械システム工学専攻に改称、武蔵工業大学付属信州工業高等学校を武蔵工業大学第二高等学校に改称
・ 2002年(平成14年) - 大学院博士課程及び修士課程工学研究科土木工学専攻を都市基盤工学専攻に改称、工学部土木工学科を都市基盤工学科に改称、工学部経営工学科をシステム情報工学科に改称、 環境情報学部に情報メディア学科を増設、生涯学習センター発足
・ 2003年(平成15年) - 大学院博士後期課程開設(工学研究科エネルギー量子工学専攻)、工学部電気電子工学科を電気電子情報工学科に改称、工学部電子情報工学科をコンピュータ・メディア工学科に改称、工学部エネルギー基礎工学科を環境エネルギー工学科に改称
・ 2004年(平成16年) - 創立75周年を迎える。世田谷キャンパスに新図書館竣工。総合研究所発足
・ 2007年(平成19年)
 ・ 知識工学部開設(情報科学科、情報ネットワーク工学科、応用情報工学科)、工学部に生体医工学科開設、工学部電気電子情報工学科を電気電子工学科に改称、工学部都市基盤工学科を都市工学科に改称
 ・ 室蘭工業大学と教育研究に係る学生・研究者交流、共同研究、施設の相互利用、学術・教育情報の交換、産業振興など連携合意
・ 2008年(平成20年)
 ・ 多摩美術大学と教育研究に係る学生・研究者交流、共同研究、施設の相互利用、学術・教育情報の交換、産業振興など連携合意
 ・ 昭和大学と教育研究に係る学生・研究者交流、共同研究、施設の相互利用、学術・教育情報の交換、保健・医療・福祉分野などでの連携合意
 ・ 工学部に原子力安全工学科を開設、工学部環境エネルギー工学科をエネルギー化学科に改称
・ 2009年(平成21年)
 ・ 創立80周年を記念し、大学名を東京都市大学に改称。系列校の東横学園女子短期大学を統合、社会科学系の都市生活学部(都市生活学科)と人間科学部(児童学科)を新設。知識工学部に自然科学科を新設。総合大学に移行。また、知識工学部応用情報工学科を経営システム工学科に改称
 ・ 早稲田大学と教育・研究活動の交流と連携を目的とした包括協定を締結。原子力分野の共同教育課程の共同原子力専攻と未来エネルギー大学院フォーラムの設置に合意
・ 2010年(平成22年) - 東京大学生産技術研究所と教員の相互交流、教育活動の相互協力、共同研究の実施、学術に関する情報の交流・連携に合意
・ 2013年(平成25年) - 環境情報学部を環境学部とメディア情報学部に改組
・2018年(平成30年) - 大学院工学研究科を総合理工学研究科に改称。新6号館が完成。旧6号館の役割(大教室、理科実験室、エネルギー化学科・自然科学科の研究室)を受け継ぐ。
・2019年(平成31年)
 ・ 工学部電気電子工学科を電気電子通信工学科に、知識工学部経営システム工学科を知能情報工学科に、環境学部環境マネジメント学科を環境経営システム学科に改称。知識工学部情報通信工学科の学生募集を停止。6学部17学科となる。
 ・ 創立90周年。
・2020年(令和2年)
 ・ 工学部を理工学部に、知識工学部を情報工学部に改称。工学部建築学科と都市工学科を建築都市デザイン学部建築学科と都市工学科に改組。知識工学部自然科学科を理工学部自然科学科に改組。7学部17学科となる。
 ・ 大学院総合理工学研究科に自然科学専攻を新設。
・2021年(令和3年) - 理工学部エネルギー化学科を応用化学科に改称(構想中)

「東京都市大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月7日1時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター