ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

東洋(文)文/語/教育系


偏差値59( 4つ星評価 )
得点率概算70.8%
637.2点/900点満点
偏差値順位全国 490位/2324校( 学部単位 )
関東地方 209位/785校( 学部単位 )
東京都 151位/417校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【東洋大学】
概要
年表 ・1887年 - 東京市本郷区龍岡町の麟祥院に哲学館創設(館主井上円了)。
・1888年 - 館外生制度を設け、『哲学館講義録』を発行(文科系講義録としては全国初)。
・1889年 - 新校舎が本郷区駒込蓬莱町に落成(郁文館と校舎を共用)。
・1894年 - 『東洋哲学』創刊、校友会を結成。
・1896年 - 小松宮彰仁親王から「護国愛理」の扁額を下賜される。火災により駒込蓬莱町校舎焼失。
・1897年 - 1月に漢学専修科、4月に仏教専修科を開講。小石川区原町に新校舎落成(現在の白山キャンパス)。
・1899年 - 中等教員無試験検定の取扱が許可される。
・1902年 - 哲学館事件発生、中等教員無試験検定認可取消。
・1903年 - 私立哲学館大学へ改称し、専門学校令による専門学校として設置認可。
・1904年 - 大学部(5年制)と専門部(3年制)を開設、大学部に第一科(哲学および宗教)と第二科(国語および漢文)を設置。
・1906年 - 井上円了学長退任。学校組織を財団法人に改め、私立東洋大学と改称。
・1907年 - 中等教員無試験検定の取扱再認可、留学生が初めて入学。
・1916年 - 女子の入学許可(男子の専門学校として日本初)。
・1919年 - 『東洋大学基本金募集趣意書』を発表、大学昇格運動開始。井上円了が死去。
・1920年 - 私立東洋大学の「私立」の冠称を廃止。
・1921年 - 大学部第一科・第二科を廃し印度哲学倫理学科と支那哲学東洋文学科を設置、専門部第一科・第二科を廃し倫理学教育学科、倫理学東洋文学科、文化学科、社会事業科とする。
・1923年 - 境野事件発生、大学昇格運動中断。
・1924年 - 女子が本科生となることを禁じ、聴講生のみを認める方針をとる。
・1925年 - 校歌を制定(林古渓作詞、山田耕作作曲)。
・1927年 - 大学設立認可申請書を提出(1月19日)。東洋大学創立40周年記念式典で中島徳蔵学長が東洋大学の建学精神は「護国愛理」であるとの見解を表明。
・1928年 - 大学設立認可申請書を再提出(1月20日)、大学令による東洋大学が認可(3月30日)(旧3号館)。専門部社会事業科を専門部社会教育社会事業科へ改称。
・1929年 - 大学令による文学部(哲学科・仏教学科・国文学科・支那哲学支那文学科)を開講。図書館竣工。
・1930年 - 専門部文化学科を廃止。
・1931年 - 専門学校令による大学部を廃止。
・1933年 - 文学部に女子学生3名入学。講堂竣工(旧6号館)。
・1934年 - 専門部社会教育社会事業科を廃止。十六教授辞職事件。
・1939年 - 専門部拓殖科を設置。
・1941年 - 専門部経済教育科を設置。学友会を東洋大学護国会に改組。
・1943年 - 東洋大学護国会を東洋大学報国団に改組。
・1944年 - 『教育ニ関スル戦時非常措置方策』を受けて、文学部5学科を2学科に、専門部4学科を2学科に縮小。
・1945年 - 空襲により原町校舎に甚大な被害が及ぶ。
・1946年 - 文学部に社会学科を設置。
・1950年 - 経済学部・短期大学部を開設
・1951年 - 学校組織を財団法人から学校法人に変更。
・1952年 - 文経学部を文学部第2部(国文学科・社会学科)と法経学部(第2部のみ、経済学科・法律学科)に改組、大学院(文学研究科)を開設。
・1955年 - 獅子吼会事件(~1957年)。
・1956年 - 法学部を開設。
・1962年 - 旧制東洋大学廃止。工学部土木工学科と建築学科を設置。
・1976年 - 工学部情報工学科を設置。
・1979年 - 文学部仏教学科を印度哲学科と改称。経済・経営・法学部の2年生を朝霞に移転(のち廃止)。
・1996年 - バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターを開設。
・1997年 - 板倉キャンパスを設置。
・2003年 - 白山キャンパスの再開発工事完了。
・2004年 - 法科大学院(専門職大学院法務研究科法務専攻)を開設。
・2013年 - 東洋大学125周年記念館竣工。国際地域学部・法科大学院と一部の研究施設を白山キャンパスに移転。文学部インド哲学科と中国哲学文学科を東洋思想文化学科に再編。
・2016年 - 文学部日本文学文化学科と法学部法律学科の通信教育課程について、2018年度以降の学生募集停止を発表。
・2017年 - 情報連携学部および大学院情報連携学研究科の教育研究活動を赤羽台キャンパスで開始(総合情報学部の赤羽台キャンパス(仮称)へ移転計画は中止)。
・2020年 - 板倉キャンパスからの移転予定を発表。

「東洋大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月31日6時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター