ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

立正(心理)文/語/教育系


偏差値61( 4つ星評価 )
得点率概算73.2%
658.8点/900点満点
偏差値順位全国 399位/2324校( 学部単位 )
関東地方 176位/785校( 学部単位 )
東京都 130位/417校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【立正大学】
概要
年表 ・ 1580年 - 日蓮宗の教育機関として、下総国飯高郷(現・千葉県匝瑳市飯高)に飯高檀林を創立
・ 1872年 - 檀林を廃し東京芝二本榎に日蓮宗小教院を設立する
・ 1904年 - 専門学校令による日蓮宗大学林を谷山ヶ丘(現・品川区大崎)に設立
・ 1907年 - 日蓮宗大学林を日蓮宗大学に改称する
・ 1919年 - 財団法人日蓮宗大学設立認可。
・ 1924年 - 大学令による立正大学を設立。文学部(宗教学科、哲学科、社会学科、史学科、文学科)、予科、及び研究科を設置する
・ 1925年 - 日蓮宗大学を立正大学専門部と改称。宗教科、国語漢文科、歴史地理学科を設置する
・ 1945年 - 第二次世界大戦による戦災の為、大学講堂・寮、中学校舎等を消失する
・ 1947年 - 文学部に地理学科を設置。立正中学校を設置。
・ 1948年 - 立正高等学校を設置。
・ 1949年 - 学校教育法により新制大学となる。仏教学部一部(宗学科・仏教学科)、仏教学科二部(宗学科)、文学部一部(哲学科・史学科・国文科・社会学科)、文学部二部(史学科、国文学科、地理学科)を設置する
・ 1950年 - 文学部に英文学科を設置。新たに経済学部、短期大学部を設置する。
・ 1951年 - 私立学校法により財団法人立正大学を改め、学校法人立正大学学園(立正大学、同短期大学部、立正大学付属立正中学校・高等学校)となる 。大学院文学研究科を設置
・ 1952年 - 後に内閣総理大臣となる石橋湛山が第16代学長に就任する。仏教学部仏教学科に仏教学仏教史コースと仏教文化コースを設置
・ 1966年 - 熊谷校舎(現・熊谷キャンパス)を開設する
・ 1967年 - 経営学部経営学科設置。1~2年生を熊谷キャンパスに移転する。
・ 1970年 - 短期大学部を熊谷キャンパスに移転する
・ 1981年 - 法学部を設置。仏教学部の就学校舎を1・2年は熊谷校舎、3・4年は大崎校舎(現・品川キャンパス)とする。仏教学部仏教学科のコースを仏教学コース・仏教文化コースに改める
・ 1986年 - 文学部の英文学科を英米文学科に改組
・ 1987年 - 大崎キャンパス再開発起工
・ 1988年 - 大学院経済学研究科設置
・ 1992年 - 大崎キャンパス再開発工事竣工。開校120周年を機会に大崎キャンパスは最新鋭のハイテク機器を導入したインテリジェントキャンパスとして生まれ変わった
・ 1994年 - 仏教学部(宗学科)、文学部(史学科、国文学科、英米文学科、社会学科、地理学科)で一部を昼間コース、二部を夜間主コースとする昼夜開講制を開始。大学院法学研究科設置
・ 1995年 - 仏教学部仏教学科、文学部哲学科に昼夜開講制夜間主コースを設置
・ 1996年 - 社会福祉学部(社会福祉学科、人間福祉学科)設置
・ 1997年 - 熊谷校舎に新ユニデンスB館竣工
・ 1998年 - 大学院経営学研究科、地球環境科学部 (環境システム学科、地理学科) 設置
・ 2000年 - 大学院社会福祉学研究科、大学院地球環境科学研究科設置。
・ 2001年 - 仏教学部、文学部(哲学科、史学科、国文学科、英米文学科、社会学科)、経営学部の昼間コースを昼間主コースに改める。文学部の国文学科、英米文学科の学生募集停止。短期大学部廃止認可
・ 2002年 - 心理学部(臨床心理学科)設置。各学部の二部を廃止。仏教学部仏教学科のコースを仏教思想歴史専攻コースと仏教文化専攻コースに改める。文学部に文学科を設置。熊谷キャンパスの経済学部、経営学部の1~2年次を大崎キャンパスに移転
・ 2004年 - 大崎キャンパスに11号館(総合学術情報センター)竣工。大学院心理学研究科設置。昼夜開講制昼間主コースをAコース、夜間主コースをBコースに改称
・ 2005年 - 大崎キャンパス9号館(立正大学付属立正中学校・高等学校校舎及び大学教室)竣工
・ 2006年 - 大崎キャンパス12号館(学生厚生棟)竣工。文学部、経営学部の夜間主コースを統合し、昼間開講一本化
・ 2007年 - 大崎キャンパス5・6号館改築工事完成。仏教学部の昼夜開講制を改める。仏教学部、文学部の1~2年生の就学校舎を大崎キャンパスへ移転
・ 2009年 - 熊谷キャンパス再開発第一期工事(アカデミックキューブ・メディアフォレスト・スポーツキューブ・スチューデントプラザ)竣工。経営学部Aコース、Bコースの区分を廃止して経営学部経営学科に一本化
・ 2011年 - 心理学部(対人・社会心理学科)設置。
・ 2013年 - 立正中学校・高等学校が大崎キャンパスから馬込キャンパスに移転。
・ 2014年 - 大崎キャンパスを品川キャンパスへ名称変更。法学部の就学キャンパスを熊谷キャンパスから品川キャンパスへ変更
・ 2016年 - 仏教学部宗学科にコース制を導入し法華仏教コースと日本仏教コースを設置。仏教学部仏教学科のコースを思想・歴史コースと文化・芸術コースに改める。大学院社会福祉学研究科に教育福祉学専攻(修士課程)を設置
・ 2018年 - 品川キャンパス改修工事開始
・2021年4月 - データサイエンス学部の新設を構想中

「立正大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年6月7日12時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター