ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

国学院(文)文/語/教育系


偏差値62( 4つ星評価 )
得点率概算74.4%
669.6点/900点満点
偏差値順位全国 355位/2324校( 学部単位 )
関東地方 158位/785校( 学部単位 )
東京都 118位/417校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【國學院大學】
概要
年表  ○ 明治
・ 1882年(明治15年)- 有栖川宮幟仁親王、皇典講究所初代総裁に就任。校地を東京府麹町区飯田町(現・東京都千代田区飯田橋)に定め、皇典講究所が開黌。
・ 1884年(明治17年)- 皇典講究所の官立移管運動が展開(- 明治18年)明治19年の幟仁親王薨去により頓挫。
・ 1887年(明治20年)- 皇典講究所第1回卒業式。同窓生の会「水穂会」発足。(國學院大學院友会創始とする)
・ 1888年(明治21年)- 皇典講究所に補充中学校を設立。(都立戸山高校の前身)
・ 1889年(明治22年)- 山田顕義、皇典講究所初代所長に就任。 皇典講究所内に日本法律学校を設立(日本大学法学部の前身)
・ 1890年(明治23年)- 皇典講究所に教育機関として國學院を設置。
・ 1894年(明治27年)- 『國學院雑誌』発刊
・ 1898年(明治31年)- 皇典講究所が財団法人として認可される。
・1900年(明治33年)- 神職講習会を開設。
・ 1904年(明治37年)- 4月、専門学校令により専門学校に昇格、「私立國學院」となる。大学部を設置(大学部予科2年・本科3年)。
 ・3月 - 入学式の中止を決定。
 ・4月 - 経済学部が経済ネットワーキング学科の募集を停止し経済学科と経営学科の2学科8コースに改組。
 ・5月 - 新型コロナウイルスCOVIT-19の感染拡大を受け遠隔授業による授業を開始。
・2021年(令和3年)- 観光学部観光まちづくり学科開設予定。

「國學院大學」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年6月6日4時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター