ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

東京農工(工)理/工系


偏差値58( 4つ星評価 )
得点率概算69.6%
626.4点/900点満点
偏差値順位全国 529位/2324校( 学部単位 )
関東地方 227位/785校( 学部単位 )
東京都 164位/417校( 学部単位 )
国公立/私立国公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【東京農工大学】
概要 全国的に見ても極めて特徴的な農学部と工学部の2学部、および関連する大学院からなる大学である。キャンパス面積に対して学生数が少なく、比較的少人数制での教育をしている。国立大学法人に移行してからは教育、研究の質を更に向上させるために、SEED科目の導入など積極的な改革が行われている。研究では、産学連携や外部資金獲得状況等が外部から高く評価されている。また、農学、工学、理学などの融合分野の開拓を目的とした大学院である生物システム応用科学府の設立など、学問分野の融合(特にバイオ関連分野)に積極的な側面も持つ。
年表  ○ 東京農林専門学校
・ 1874年 内務省勧業寮内藤新宿出張所に農事修学場設置。
・ 1877年 内務省樹木試験場設置。
・ 1878年 農事修学場を駒場農学校と改称。
・ 1881年 樹木試験場および駒場農学校は農商務省管轄となる。
・ 1882年 樹木試験場を東京山林学校と改称。
・ 1886年 樹木試験場および駒場農学校を統合、東京農林学校設置。
・ 1890年 帝国大学農科大学へ統合、同大学乙科となる。
・ 1898年 東京帝国大学農科大学実科と改称。
・ 1919年 東京帝国大学農学部実科と改称。
・ 1935年 東京高等農林学校として独立、現在地の府中へ移転。
・ 1944年 東京農林専門学校と改称。
・ 1949年 東京農工大学へ統合。
 ○ 東京繊維専門学校
・ 1874年 内務省勧業寮内藤新宿出張所に蚕業試験掛設置。
・ 1884年 農商務省へ移管、農商務省蚕病試験場と改称。
・ 1887年 蚕業試験場と改称。
・ 1891年 農商務省仮試験場蚕事部と改称。
・ 1893年 蚕業試験場と改称。
・ 1896年 蚕業講習所と改称。
・ 1899年 東京蚕業講習所と改称。
・ 1914年 東京高等蚕糸学校と改称。
・ 1940年 現在地の小金井に移転。
・ 1944年 東京繊維専門学校と改称。
・ 1949年 東京農工大学へ統合。
 ○ 東京農工大学
・ 1949年 東京農林専門学校と東京繊維専門学校を統合して新制東京農工大学が発足、農学部・繊維学部を設置。農学部には農学科、林学科、獣医学科を設置。
・1951年 繊維学部に養蚕専修の別科設置。 
・1952年 農学部に農芸化学科設置。
・1954年 農学専攻科設置。
・1961年 農学部に農業生産工学科設置。
・ 1962年 繊維学部を工学部へ改称。養蚕学科および養蚕別科を農学部へ移管。
・1963年 農学部に植物防疫学科設置。
・ 1965年 大学院農学研究科(修士課程)を設置。別科を別科養蚕専修に改称。農学専攻科廃止。農学部に林産学科を設置。
・ 1966年 大学院工学研究科(修士課程)を設置。
・1973年 農学部に環境保護学科を設置。
・1974年 農学部の養蚕学科を蚕糸生物学科に改称。
・1978年 農学部農業生産工学科を農業工学科に改称。
・1984年 農学部獣医学科を改組
・ 1985年 大学院連合農学研究科(博士課程)を設置。
・ 1989年 大学院工学研究科(修士課程)を工学研究科(博士前期・後期課程)に改組。
・1990年 農学部は農学科と蚕糸生物学科を統合して生物生産学科に改組。農芸化学科、植物防疫学科、林産学科を統合し応用生物科学科に改組。農業工学科、林学科、環境保護学科を環境・資源学科に改組。
・ 1995年
 ・大学院生物システム応用科学研究科(博士前期・後期課程)を設置。
 ・農学部は応用生物科学科の旧植物防疫学科の講座の一部を生物生産学科に移管。応用生物科学科の旧林産学科の講座と環境・資源科学科は旧環境保護学科の講座と統合し環境資源科学科に改組(旧植物防疫学科の講座の一部と応用生物科学科の旧農芸化学科の講座はそのまま)。環境・資源科学科の残り、旧農業工学科と旧林学科の講座は地域生態システム学科に改組。
・ 2004年
 ・ 国立大学法人化により「国立大学法人東京農工大学」に移行。
 ・ 大学院を部局化し、共生科学技術研究部(研究組織)および工学教育部、農学教育部、生物システム応用科学教育部(教育組織)に再編。
・ 2005年 大学院技術経営研究科(専門職学位課程)を設置。
・ 2006年 研究部、教育部を研究院(研究組織)および工学府、農学府、生物システム応用科学府(教育組織)に名称変更。
・ 2010年 共生科学技術研究院(研究組織)を、工学研究院および農学研究院に再編。
・ 2011年 技術経営研究科を改組し、大学院工学府産業技術専攻(専門職学位課程)へ再編
・ 2012年 農学部に岩手大学と共同で「共同獣医学科」を設置。
・ 2017年 東京農工大学科学博物館が、岡谷蚕糸博物館(長野県岡谷市)と連携協力に関する協定を締結。
・2019年 工学部を8学科から6学科に改組。

「東京農工大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年6月7日11時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター