ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

女子栄養(栄養)芸術/生活系


偏差値55( 3つ星評価 )
得点率概算66%
594点/900点満点
偏差値順位全国 756位/2324校( 学部単位 )
関東地方 308位/785校( 学部単位 )
埼玉県 23位/87校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女女子
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【女子栄養大学】
概要
沿革 ・ 1933年「家庭食養研究会」を設立。
・ 1935年 5月に、月刊誌『栄養と料理』を創刊。
・ 1937年 「家庭食養研究会」を、「栄養と料理学園」と名称変更する。
・ 1940年 「栄養と料理学園」を、「女子栄養学園」と名称変更する。
・ 1950年 女子栄養短期大学を設置、栄養士養成施設として認可を受ける。
・ 1951年 私立学校法に基づき、「学校法人香川栄養学園」と名称変更する。
・ 1956年 女子栄養短期大学に「栄養科第二部(夜間部)」を設置。
・ 1961年 女子栄養大学を設立し、家政学部食物栄養学科を設置。
・ 1964年 社会通信教育「栄養と料理講座」を開設。
・ 1965年 家政学部食物栄養学科を、日本で最初の栄養学部栄養学科に改組。
・ 1967年 女子栄養大学に「栄養学部二部栄養学科(夜間部)」を設置。
・ 1969年 大学院栄養学研究科修士課程を設置。
・ 1989年 博士後期課程を設置。
・ 2000年 女子栄養短期大学を、女子栄養大学短期大学部に名称変更。
・ 2001年 女子栄養大学短期大学部の「食物栄養学科第二部(夜間部)」を廃止。
・ 2003年 女子栄養大学の「栄養学部二部栄養学科(夜間部)」を「栄養学部二部保健栄養学科(夜間部)」に名称変更。
・ 2006年 栄養学部二部イブニングコース(夜間部)を、男女共学とし、男子学生の受け入れを開始する。
・ 2017年 栄養学部二部イブニングコース(夜間部)の、1年次入学を募集停止。
・ 2019年 栄養学部二部イブニングコース(夜間部)の、3年次編入学を募集停止予定。
・ 2021年 栄養学部二部イブニングコース(夜間部)を廃止予定。 女子栄養大学栄養学部二部保健栄養学科閉鎖について
卒業生 ・岸朝子 (料理記者)
・石田ゆり子 (女優)
・竹内冨貴子 ((株式会社カロニック・ダイエット・スタジオ主宰) NHK「きょうの料理」「生活ほっとモーニング」「健康ほっとライン」レギュラー出演など)
・藤井恵 (日本テレビ版 「キユーピー3分クッキング 」 講師 など)
・小川聖子(日本テレビ版 「キユーピー3分クッキング」 講師 など)
・斉藤君江(CBCテレビ版 「キユーピー3分クッキング」 講師など)
・今泉久美(CBCテレビ版 「キユーピー3分クッキング」 講師など)
・荻原悦子 (NHK「きょうの料理」、TBS系「はなまるマーケット」など)
・平野美由紀 (株式会社食デザイナーズ設立 取締役)
・城市真紀子(月刊雑誌『栄養と料理』編集者 別冊付録『ダイエット手帳』『メタボ手帳』制作)
・弥冨秀江(株式会社ヘルスイノベーション代表)
・牧野直子(スタジオ食(studio coo)主宰)
・加賀田京子(bistroあおい食堂オーナー)
・浅野嘉久 (実業家、医学博士)
・DJみそしるとMCごはん(ミュージシャン、ヒップホップMC)
・山本博子 (山口放送アナウンサー・ラジオパーソナリティー)

「女子栄養大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月7日2時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター