ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

東京理科(経営)法/経/商/社会系


偏差値61( 4つ星評価 )
得点率概算73.2%
658.8点/900点満点
偏差値順位全国 399位/2324校( 学部単位 )
関東地方 176位/785校( 学部単位 )
埼玉県 13位/87校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【東京理科大学】
概要
年表  ○ 明治
・1881年(明治14年)
 ・6月13日 - 「東京物理学講習所」設立広告を『郵便報知新聞』へ掲載。
 ・9月11日 - 東京物理学講習所を、私立稚松(わかまつ)小学校(麹町区飯田町四丁目1番地)内に設立。
 ・年末 大蔵省官吏簿記講習所(神田区錦町一丁目)へ移転。
・1882年(明治15年)
 ・進文学舎(本郷区元町二丁目)へ移転。
 ・11月 - 神田区今川小路三丁目9番地(現:神田神保町三丁目)に校舎取得し、教員一同が土地所有者となる。
・1883年(明治16年)9月 - 「東京物理学校」と改称し、創立者の一人寺尾寿が初代校長に就任。
・1884年(明治17年) 9月15日 - 台風により校舎が倒壊。まもなく、共立統計学校(九段下牛ケ淵)の校舎にて授業再開。
・1885年(明治18年) - 維持同盟規則を結ぶ。
・1886年(明治19年)
 ・9月 - 成立学舎(神田区駿河台淡路町)へ移転。指導科目に化学を追加したところ、化学は火災の危険があるとの理由で退去を迫られたため。
 ・11月 - 仏文会校舎(神田小川町1番地、現:千代田区神田小川町二丁目)へ移転。この校舎は、東京法学校(現:法政大学)が所有する元勧工場の建物で、これを仏文会が借り、昼間は東京仏語学校が使用し、夜間は本校が使用していた。
・1888年(明治21年)
 ・物理学用語の統一。英語、フランス語、ドイツ語三系統の訳語をまとめる。
 ・初の卒業式を挙行。
・1889年(明治22年)
 ・9月 - 初めて昼間部を置く(間もなく中止)。
 ・11月 - 仏文会校舎を2,200円で購入。
・1897年(明治30年)2月 - 昼間部を設置。
・1906年(明治39年)7月 - 神楽坂二丁目24番地に、木造新校舎を竣工し移転。
 ○ 大正
・1915年(大正4年)5月26日 - 財団法人東京物理学校設立。
・1916年(大正5年)
 ・3月26日 - 各種学校から専門学校へ昇格。
 ・日本医学専門学校(現:日本医科大学)の学生約450名が同盟退学し東京物理学校内に東京医学講習所(現:東京医科大学)を開設。
・1917年(大正6年)3月 - 昼間部を置き、第一部(昼間部)と第二部(夜間部)の二部制となる。
 ○ 昭和
・1928年(昭和3年)10月21日 - 寺尾文庫(図書館の前身)を敷設。
・1937年(昭和12年)10月 - 旧1号館校舎を新築。
・1938年(昭和13年) - 校章、制服、制帽を制定。この頃から、昼間部主体となる。
・1939年(昭和14年) - 創立記念日を制定(設立広告を掲載した6月13日とする)。
・1940年(昭和15年) - 校歌を制定。
・1942年(昭和17年) - 東京府北多摩郡府中町字国分寺前に、大学予科敷地(約6万m2)の土地を購入。後にグラウンドとなる。
・1943年(昭和18年) - 東京都八王子市西中野町に大学予科校舎として廃織物工場と土地(約700坪)を購入。後に農業理科学科の学生寮などとなる。
・1944年(昭和19年) - 文部省の指示により、無試験入学制度を廃止。
・1946年(昭和21年) - 八王子市郊外に、農業理科学科の校地として、土地(約80,900坪)を取得。
・1948年(昭和23年) - 八王子市郊外の校地が、自作農創設特別措置法に基づき強制買収される。
・1949年(昭和24年)
 ・4月1日 - 学制改革により東京理科大学を設置し、理学部第一部、理学部第二部(各数学科・物理学科・化学科)を置く。これにより1951年まで、大学生(東京理科大学)と、専門学校生(東京物理学校)が混在した。
 ・5月4日 - 東京理科大学として初の入学式を挙行。
 ・7月 - 財団法人東京物理学校から、財団法人東京物理学園へ改称。
・1950年(昭和25年)3月 - 農業理科学科を廃止。
・1951年(昭和26年)
 ・3月1日 - 私立学校法により組織変更し、財団法人東京物理学園から、学校法人東京物理学園になる。
 ・3月10日 - 東京物理学校として最後の卒業式(第100回卒業式)を挙行。
 ・3月31日 - 専門学校東京物理学校が廃校。
・1957年(昭和32年) - 関門制度(2年次に進級する際に特定科目(関門科目)の修得を義務づけ、4年次における卒業研究を履修する資格として卒業までの必要単位数の上限を設定)を導入。
・1958年(昭和33年)
 ・国分寺校地(グラウンド)を東芝へ売却。
 ・4月1日 - 神楽坂校舎に大学院理学研究科(修士課程)を設置。
・1959年(昭和36年)4月1日 - 理学部第一部応用化学科を新設。
・1960年(昭和35年)4月1日 - 薬学部(薬学科)を設置、理学部第一部応用物理学科を新設。
・1961年(昭和36年)4月1日 - 理学部第一部応用数学科を新設。
・1962年(昭和37年)4月1日 - 工学部(建築学科・工業科学科・電気工学科)を設置。
・1965年(昭和40年)4月1日 - 工学部経営工学科・機械工学科新設、薬学部薬学科を薬剤・衛生薬学科に改称。
・1966年(昭和41年) - 野田校舎(現在の野田キャンパス)が竣工し、本年のみ工学部の一部を置く。
・1967年(昭和42年)4月1日 - 野田校舎に理工学部(数学科・物理学科・建築学科・工業科学科・電気工学科・経営工学科・機械工学科)を設置、薬学部薬剤・衛生薬学科を薬学科に改称。
・1975年(昭和50年)4月1日 - 理工学部土木工学科を新設。
・1976年(昭和51年)4月1日 - 神楽坂校舎に工学部の夜間部として工学部第二部を設置、理工学部情報科学科・応用生物科学科を新設。
・1981年(昭和52年)
 ・神楽坂に新1号館を建設。
 ・創立100周年記念式典を挙行。
・1987年(昭和62年)4月1日 - 長万部校舎に基礎工学部(電子応用工学科・材料工学科・生物工学科)を設置。
・1988年(昭和63年)4月1日 学校法人名を「学校法人東京理科大学」へ変更。
 ○ 平成
・1989年(平成元年)5月 - 野田校舎に生命科学研究所(現:生命医科学研究所)を設置
・1991年(平成3年)4月1日 - 野田校舎に基礎工学研究科を設置。
・1993年(平成5年)4月1日 - 久喜校舎竣工。久喜校舎に経営学部(経営学科)を設置。
・1997年(平成9年)4月1日 - 久喜校舎に経営学研究科を、野田校舎に生命科学研究科を設置。
・2001年(平成13年) - 英語表記をScience University of TokyoからTokyo University of Scienceに変更する。
・2002年(平成14年)4月1日 - 理学部第一部応用数学科を数理情報科学科に改称。
・2004年(平成16年)
 ・専門職大学院を設置。
 ・7月 - 九段にある旧都市基盤整備公団の土地・建物を取得(九段校舎)。神楽坂キャンパスが2校舎体制になるため、他の「校舎」表記を「キャンパス」とする。
・2006年(平成18年)4月1日 - 薬学教育6年制移行により、薬学部薬学科(6年制)・生命創薬学科新設。理工学部電気工学科を電気電子情報工学科に改称。
・2009年(平成21年)
 ・3月26日 - 葛飾区と新キャンパス用地約30000m2の土地譲渡契約を締結。
 ・4月1日 - INSイノベーション専攻 開設
・2011年(平成23年)4月1日 - 薬学部薬学科(4年制)、製薬学科廃止。
・2013年(平成25年)
 ・ 4月1日 - 葛飾区新宿(にいじゅく)に葛飾キャンパス完成。工学部第一部工業化学科と経営工学科を除き、神楽坂キャンパス九段校舎の工学部は葛飾キャンパスに移転。
 ・ 6月 - 野田キャンパスに光触媒研究センターを設置。
・2016年(平成28年)
 ・3月23日 - 久喜キャンパス閉鎖。
 ・3月24日 - 神楽坂キャンパス富士見校舎使用開始。
 ・4月1日 - 工学部第一部を工学部に改称。工学部経営工学科を情報工学科へ改組。
 ・4月1日 - 経営学部と経営学研究科が久喜キャンパスから神楽坂キャンパス富士見校舎へ全面移転、経営学部ビジネスエコノミクス学科を新設。
・2017年(平成29年)
 ・4月1日 - 理学部第一部数理情報科学科を応用数学科に改称、理工学部工業化学科を先端化学科に改称。
 ・4月1日 - 工学研究科工業化学専攻設置、工学部第二部の学生募集を停止。
 ○ 令和
・2020年(令和2年)
 ・3月12日 - 新型コロナウイルス感染症の流行による影響で、4月8日に予定されていた2020年度入学式の中止を決定。
 ・4月1日 - 工学部建築学科夜間主社会人コースを新設、工学研究科情報工学専攻博士課程設置、工学研究科経営工学専攻の学生募集を停止。
・2021年(令和3年)
 ・4月1日 - 基礎工学部を先進工学部に名称変更し、電子応用工学科を電子システム工学科に、材料工学科をマテリアル創成工学科に、生物工学科を生命システム工学科に改称(予定)。
 ・4月1日 - 経営学部国際デザイン経営学科を新設(予定)。
・2022年(令和4年)
 ・4月1日 - 工学部工業化学科を神楽坂キャンパスから葛飾キャンパスへ移転(予定)。
 ・4月1日 - 理工学部情報科学科・建築学科・電気電子情報工学科・機械工学科に国際コースを新設(予定)。
・2023年(令和5年)
 ・4月1日 - 理学部応用物理学科の学生募集を前年度を最後に停止(予定)。
 ・4月1日 - 先進工学部(旧:基礎工学部)に物理工学科・機能デザイン工学科を新設(予定)。
 ・4月1日 - 理工学部を創域理工学部に名称変更し、数学科を数理科学科に、物理学科を先端物理学科に、情報科学科を情報計算科学科に、応用生物科学科を生命生物科学科に、経営工学科を経営システム工学科に、機械工学科を機械航空宇宙工学科に、土木工学科を社会基盤工学科に改称(予定)。
・2025年(令和7年)4月1日 - 薬学部を野田キャンパスから葛飾キャンパスへ移転(予定)。

「東京理科大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月11日19時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター