ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

立教(観光)法/経/商/社会系


偏差値68( 5つ星評価 )
得点率概算81.6%
734.4点/900点満点
偏差値順位全国 168位/2324校( 学部単位 )
関東地方 80位/785校( 学部単位 )
埼玉県 5位/87校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【立教大学】
概要
年表 1874年(明治7年) 東京・築地の外国人居留地付近に立教学校設立。
初代校長は米国聖公会宣教師のチャニング・ウィリアムズ。
1883年(明治16年) 立教大学校 (St. Paul's College) 設立。アメリカ合衆国式のカレッジであった。
1887年(明治20年) 廃校となった大阪英和学舎を併合。
1888年(明治21年) 立教大学校、明治学院、東京英和学校、東洋英和学校の4校で同盟文学会結成。
1890年(明治23年) 立教大学校を立教学校と改称。
1894年(明治27年) 「立教学校教育の趣旨」を発表。
1896年(明治29年) 立教学校を廃し、立教専修学校と立教尋常中学校を設置。
1897年(明治30年) 牧師の左乙女豊秋が日本人初の4代目校長として就任。
池袋校舎落成式を挙行、来賓として大隈重信出席。
1920年(大正9年) 文科を文学部、商科を商学部とし、予科を2年制とする。
1921年(大正10年) 財団法人聖公会教育財団設立。
野球部、四大学野球連盟に加盟。
1922年(大正11年) 大学令による大学へ昇格。文学部(英文学科、哲学科、宗教学科)、商学部、予科を発足。
1923年(大正12年) 関東大震災により築地校地が壊滅。
1924年(大正13年) 商学部に経済学科を設置。
1925年(大正14年) 総理を総長と改称、米国聖公会派遣宣教師チャールズ・ライフスナイダーが初代総長に就任。
文学部に史学科を設置。
東京六大学野球連盟結成。
東長崎グラウンド開設(現在の東京都立千早高等学校の場所)。
1926年(大正15年) 校歌『栄光の立教』制定。
1927年(昭和2年) ポール・ラッシュにより聖アンデレ同胞会を結成。
1928年(昭和3年) 予科を3年制とする。
1931年(昭和6年) 財団法人立教学院成立。
商学部を経済学部に改称。
野球部が六大学リーグ戦で初優勝。
1932年(昭和7年) 立教学院クリスチャン・アーミーを結成。
1936年(昭和11年) チャペル事件により木村重治学長辞任。
御真影を奉戴。
1937年(昭和12年) 予科新校舎(現4号館)竣工。
1939年(昭和14年) アメリカ研究所開設。
1940年(昭和15年) 学位規則認可。
1941年(昭和16年) 立教大学報国団結成。
太平洋戦争勃発。外国人教員本国送還。
1943年(昭和18年) 文学部、チャペル閉鎖。
経済学部経済学科を国家経済科、商学科を経営経済科と改称。
1944年(昭和19年) 立教理科専門学校設置。
1945年(昭和20年) 理科専門学校を工業理科専門学校に改組。
GHQの覚書『信教の自由侵害の件』により2代目総長の三辺金蔵ほか11名が追放される。
1947年(昭和22年) 文学部社会学科設置。
1948年(昭和23年) 工業理科専門学校を改組、理学部を設置(数学科・物理学科・化学科)。
1949年(昭和24年) 新制大学として認可・発足。文学部、経済学部、理学部。
1950年(昭和25年) 立教工業理科専門学校を廃止。
1951年(昭和26年) 旧制立教大学閉学。
1952年(昭和27年) 博物館講座を開設。
1953年(昭和28年) 大学院に原子物理学科新設
1954年(昭和29年) タッカー・ホール落成。
1956年(昭和31年) 文学部日本文学科を開設
板橋区と練馬区にまたがる土地を東京都から借り受け、総合グラウンド「セントポール・グリーンハイツ」竣工(現在の東京都立城北中央公園)。
1957年(昭和32年) 立教大学原子力研究所設立(神奈川県横須賀市) 。米国聖公会の寄付により原子炉が贈られ、1961年より稼働。2001年に運転停止。
1958年(昭和33年) 名誉博士規程を制定。
文学部社会学科が社会学部に昇格。
新座校地を東武鉄道より譲り受ける。
アジア地域研究施設を開設
野球部が六大学リーグ戦で4連覇を達成。
1959年(昭和34年) 総長公選制を採用。
法学部を設置。
5号館・6号館開館。
1962年(昭和37年) 文学部心理教育学科を心理学科・教育学科に分割。
キリスト教教育研究所を設置。
1963年(昭和38年) 文学部ドイツ文学科、フランス文学科設置。
1964年(昭和39年) 社会学部産業関係学科設置。
ラテン=アメリカ研究所を開設。
1966年(昭和39年) 新座グラウンド開設。
1967年(昭和42年) 社会学部観光学科設置。
1969年(昭和44年) 埼玉県志木市富士見町に学院総合グラウンド完成。
1970年(昭和45年) 総合グラウンド「セントポール・グリーンハイツ」の土地を東京都に返還。
1972年(昭和47年) 大学計算センターを設置。
1974年(昭和49年) 創立100周年記念式典を挙行。
1988年(昭和63年) 法学部国際・比較法学科設置。
1990年(平成2年 武蔵野新座キャンパス開設。
1996年(平成8年) 法学部政治学科設置。
1998年(平成10年) 観光学部・コミュニティ福祉学部設置。
2002年(平成14年) 経済学部会計ファイナンス学科、社会学部現代文化学科、理学部生命理学科設置。
大学院独立研究科発足。
2004年(平成16年) 法科大学院設置。
2006年(平成18年) 経営学部、現代心理学部設置。
経済学部経済政策学科、社会学部メディア社会学科、文学部文学科、観光学部交流文化学科、コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科設置。
文学部日本文学科、英米文学科、フランス文学科、ドイツ文学科、心理学科、経済学部経営学科、社会学部産業関係学科募集停止。
武蔵野新座キャンパスを新座キャンパスへ改称。
2007年(平成19年) 法学部の国際・比較法学科を国際ビジネス法学科に名称変更。
2008年(平成20年) 異文化コミュニケーション学部(異文化コミュニケーション学科)設置。
コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科設置。
2009年(平成21年) 文学研究科組織神学専攻募集停止、キリスト教学研究科設置。
2016年(平成28年) 社会学部に「国際社会コース」、異文化コミュニケーション学部に「Dual Language Pathway」を設置。
2017年(平成29年) 岩手県陸前高田市に岩手大学と共同で「陸前高田グローバルキャンパス」開設(立教大学陸前高田サテライトを含む。東日本大震災を教訓とした防災教育などを実施)。
2018年(平成30年) 法科大学院の学生募集を停止。初代総長のライフスナイダー以来初の外国籍総長郭洋春就任。
2020年 (令和2年) 人工知能科学研究科を設置(日本初の人工知能に特化した大学院)。

「立教大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月9日10時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター