ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

立命館アジア太平洋(国際経営)法/経/商/社会系


偏差値57( 4つ星評価 )
得点率概算68.4%
615.6点/900点満点
偏差値順位全国 594位/2324校( 学部単位 )
九州・沖縄地方 41位/238校( 学部単位 )
大分県 2位/14校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【立命館アジア太平洋大学】
概要 建学の精神は『自由と清新』。基本理念に「自由・平和・ヒューマニズム」、「国際相互理解」、「アジア太平洋の未来創造」を掲げる。タグラインの「Shape Your World」は、約80を超える国・地域からAPUに集まる学生が「自身・世界を創造する姿」のイメージを明示するものとして2008年に制定された。
沿革 ・1995年 学校法人立命館が新大学設置準備委員会を発足。
・1996年 立命館アジア太平洋大学設置期成同盟会設立総会開催。アジア太平洋研究センター発足。新大学設置委員会発足。大学名称が「立命館アジア太平洋大学」に決定する。アドバイザリー・コミッティ100名に到達。アジア太平洋地域の6カ国11大学・研究機関と大学間協定合同締結式を開催。立命館アジア太平洋研究センター(RCAPS Ritsumeikan Center for Asia Pacific Studies、「アール・キャップス」と読む)を設立。
・1997年 「アジア太平洋学研究会」発足。立命館アジア太平洋大学設置基本協定調印式が行われる。立命館アジア太平洋大学設置事業造成工事起工式を挙行。
・1998年 文部省へ設置認可申請書を提出。韓国・ソウルに事務所を開設。インドネシア事務所開所式。アドバイザリー・コミッティが200名に到達。立命館アジア太平洋大学建築工事起工式を挙行。
・1999年 シンボルマークが決定する。「APUからの提案」を発表。立命館アジア太平洋大学建築工事上棟式を挙行。立命館アジア太平洋大学が文部大臣の設置認可を受ける。
・2000年 立命館アジア太平洋大学初代学長に坂本和一立命館副総長が就任。立命館アジア太平洋大学・竣工式を挙行。立命館アジア太平洋大学開学、日本を含む28カ国・地域から719名が第一期生として入学。アジア太平洋学部(APS)・アジア太平洋マネジメント学部(APM)を設置。APU開学式典開催。APU Festival開催。
・2003年 立命館アジア太平洋大学大学院開設。大学院アジア太平洋研究科・経営管理研究科を設置。APU校友会結成。第1回学園祭「天空祭」が開催される。
・2004年 第一期生卒業式。
・2005年 Homecoming Day 第一回APU校友会総会を開催。収容定員の増加に関わる学則変更認可により入学定員が、アジア太平洋学部445名から650名、アジア太平洋マネジメント学部445名から600名へと増加し、学部全体の収容定員が5,000名となる。
・2006年 大分大学と包括的交流協定を締結。国際社会貢献センター(ABIC:Action for a Better International Community)と学術交流協定を締結。インスティテュート「Crossover Advanced Program」設置。大学院アジア太平洋研究科に「日独共同修士プログラム:国際原料流通マネジメントプログラム(IMAT)」を開設。
・2007年 ニューチャレンジに伴う建設事業竣工式。日本の教育機関では初となる世界観光機関(UNWTO)と、「アジア太平洋地域のツーリズムおよびホスピタリティマネジメントに関する教育、研究そして業界支援活動を相互協力するための覚書」を締結。株式会社大分銀行と「連携・協力に関する協定」を締結。株式会社大分放送と学術交流協定を締結。教室棟、研究棟、スチューデントユニオン、APハウス(学生寮)を増築し、2月に竣工。2007年度より供用開始。
・2008年 南部陽一郎アカデミック・アドバイザー、ノーベル物理学賞受賞。
・2009年 アジア太平洋マネジメント学部を国際経営学部に名称変更。
・2009年 スタンフォード大学と新エネルギー研究協定を締結
・2010年 立命館アジア太平洋大学・早稲田大学国際教養学部・国際基督教大学・国際教養大学 の4大学間において「G(グローバル)4大学交流協定」を締結。(後に上智大学国際教養学部も加わり「G5」へ変更)
・2011年 文部科学省・大学の世界展開力強化事業に「APU-SEUグローバル協働教育プログラム」が採択される。
・2012年 国際経営学部及び経営管理研究科がアジア太平洋ビジネススクール協会 の常任理事校に選ばれる。(国内では慶應義塾大学ビジネススクールに続き二校目)
・2014年 文部科学省指定・スーパーグローバル大学のグローバル化牽引型に採択される。
・2016年 国際経営学部と経営管理研究科が日本の大学では3校目となるAACSB認証取得。(英語基準での取得は日本初)
・2017年 ベータ・ガンマ・シグマのチャプターが日本の大学として初めて設立される。
・2018年 第4代学長に、 ライフネット生命創業者の出口治明が就任する。(同大学初の公募による選出。外部からの学長就任も同大学初。)
・2018年 副学長・横山研治が、アジア太平洋ビジネススクール協会の会長へ就任する。
・2018年 アジア太平洋学部の観光学分野が国連世界観光機関(UNWTO)の国際認証「TedQual」を国内私大として初の取得。

「立命館アジア太平洋大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年6月7日12時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター