ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

東北芸術工科(芸術)芸術/生活系


偏差値54( 3つ星評価 )
得点率概算64.8%
583.2点/900点満点
偏差値順位全国 851位/2324校( 学部単位 )
東北地方 24位/121校( 学部単位 )
山形県 2位/14校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【東北芸術工科大学】
概要 第二次世界大戦後の学制改革で、当時山形県内に所在した高等教育機関の山形高等学校、山形師範学校、山形青年師範学校、米沢工業専門学校および山形県立農林専門学校を母体として、学校教育法(1947年制定)に基づく新制大学の山形大学(山大)が発足した。その後、同大学は国の一県一医大構想に沿って医学部を設置するなど、総合大学として教育内容を逐次充実させていった。しかし、山形県下において短期大学等は設置・整備が進んだ一方で、4年制大学は山大のみという状況がしばらく続いた。そのため、大学進学希望者の大半は東京や仙台の大学を受験したほか、山形県下における大学進学率は全国最低クラスに留まっていた。山形経済同友会の有志らはそうした状況を憂慮し、1975年頃から大学問題の検討を開始した。同会は将来を展望した県勢発展を担える人材育成の観点から、新しい4年制大学の必要性を提言し、啓蒙を繰り広げた。県内各層において大学新設への期待が高まる中、1985年4月に山形県が策定した第7次山形県総合開発計画では、大学等高等教育研究機能の強化が主要プロジェクトとして掲げられた。また翌年3月、山形市が策定した山形市第五次計画では、特色ある新規大学誘致事業が方策として盛り込まれた。県と市の思惑が一致していたことから、この後、双方は協議を進め、1989年4月に県と市が共同で大学整備準備室を設置し、文部省と交渉に入った。同年6月、県と市は山形県議会に対し、準備を進めてきた芸術工科大学の設立基本構想について、京都芸術短期大学(2000年京都造形芸術大学に統合)を運営する学校法人瓜生山学園 (理事長徳山詳直)から設置計画、運営への協力の申し出を受けたこと、設置の考え方としては、芸術工科系大学は北関東以北には存在しないこと、加えて、経済のソフト化・サービス化が高まり、商品価値を高める芸術性が重要となっていることを挙げた。そして私立大学として開学する方針も報告した。東北芸術工科大学(芸工大)は、山形県と山形市が大学の設置に必要な経費約150億円を折半拠出し(土地、建物、教育施設、申請経費。創立時の運営費も含めれば総額196億円)、法人による大学の設立段階までを「準備委員会」(県と市)が行い、施設完成年度以降の運営は学校法人に委ねる公設民営方式を執ることとした。1992年4月1日に、芸工大は初代学長に久保正彰(東京大学教授・西洋古典学)を迎え、デザイン工学部ならびに芸術学部を設置し開学した。また大学の初代理事長は、当時の板垣清一郎知事が務めたほか、大学職員も県と山形市から多数出向した。芸工大開学により、47都道府県中で短大以外の大学が1つしかないのは鳥取県のみとなったが、同県でもその後鳥取環境大学(公設民営方式、後に公立化)と鳥取看護大学が開学している。近年は宮城県仙台市から高速バスを用いて通学する者が多い傾向にある。2016年度新入生の出身都道府県は、宮城県が最多(173人)となり、地元山形県の167人を上回った。
沿革 年表
・ 1989年 - 学校法人設立準備委員会が発足。
・ 1991年 - 学校法人東北芸術工科大学設立。
・ 1992年
 ・ 4月1日 - 東北芸術工科大学開学。芸術学部・デザイン工学部設置。
 ・ 4月19日 - 入学式を挙行。一期生を迎える。
 ・ 9月12日 - 創立記念式典挙行。
・ 1994年 - 全国高等学校デザイン選手権大会第1回大会開催。以降、毎年開催。
・ 1996年 - 大学院開学。芸術工学研究科(修士課程)設置。
・ 1997年 - 総合研究センター設立。
・ 1999年 - 東北学を提唱した赤坂憲雄がセンター長に就き、東北文化研究センターを設立。
・ 2001年 - 文化財保存修復研究センター設立。東京サテライトキャンパス設置。学都仙台単位互換ネットワークに参加。
・ 2003年 - 東アジア民族文化アーカイブ研究センター設立。韓国事務所開設。
・ 2004年 - こども芸術教育研究センター設立。卒業生支援センター開設。
・ 2005年 - 大学院芸術工学研究科博士後期課程設置。大学院仙台スクール開設。こども芸術大学開学。デザイン哲学研究所設立。仙台事務所開設。
・ 2006年 - デザイン工学部生産デザイン学科をプロダクトデザイン学科、環境デザイン学科を建築・環境デザイン学科へそれぞれ名称変更。東アジア芸術文化研究所設立。文化財保存修復研究センター センター棟竣工。
・ 2007年 - 社会芸術総合研究所設立。
・ 2009年 - デザイン工学部にグラフィックデザイン学科、映像学科、企画構想学科を開設。美術館大学センター設立。教養教育センター設立。
・ 2010年 - 東京明治神宮外苑に外苑キャンパスを開設(京都造形芸術大学と共同キャンパス)
・ 2011年 - 芸術学部に文芸学科を開設。山形県が売却した知事公舎を、改修し「やまがた藝術学舎」を開設。また、学園長ポストを新設し、初代学園長に細川護熙が就任。
・ 2012年 - 副学長ポストを1から2へ増やすことを発表。文明哲学研究所を開設。
・ 2013年 - 創造性開発研究センターを設立。

「東北芸術工科大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月7日2時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター