ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

兵庫教育(学校教育)文/語/教育系


偏差値55( 3つ星評価 )
得点率概算66%
594点/900点満点
偏差値順位全国 756位/2324校( 学部単位 )
近畿地方 199位/490校( 学部単位 )
兵庫県 49位/121校( 学部単位 )
国公立/私立国公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【兵庫教育大学】
概要 学校教育学部は、主として初等教育教員(小学校の教員)養成のために設置された。新構想大学のうちの一つであり、教員養成系(新教育大学)としては他に上越教育大学、鳴門教育大学がある。幼稚園・中学校・高等学校教員免許および保育士資格の取得も可能。学校教育学部の教員就職率は、トップクラス(6年連続全国一位(平成15~20年度全国国立教員養成大学・学部中))である。大学院学校教育研究科(修士課程)は「教員のための大学」として、現職教員の教育・研鑚のために構想・設置された。現職教員の受入れのため、様々な配慮がなされている(世帯用学生寄宿舎、神戸サテライト、長期履修学生制度など)。修士課程では、全国各地から現職教員が数多く学び、主に初等中等教育の実践にかかわる学問を総合的かつ専門的に研究している。2016年4月、専門職学位課程(教職大学院)に新たに2コース(教育政策リーダーコースおよびグローバル化推進教育リーダーコース)を開設した。教育政策リーダーコースは地域の教育行政幹部職員(教育長含む)の育成を、またグローバル化推進教育リーダーコースは学校教育のグローバル化を推進するスクールリーダーの養成を、それぞれ目的としている。さらに2008年度からは、社会の求める多様なニーズに応えるため、新たな教育プログラムとして、中学校、高等学校教員免許を取得できる理数系教員養成特別プログラムを導入している。2011年度からはプログラムが拡充され、理数系教員養成ユニットと、現職教員キャリアアップユニットの二つのユニットが設置された。理数系教員養成ユニットは、一部コースを除き、学校教育学専攻、教科・領域教育学専攻に入学する学生すべてを対象とし、3年間の長期履修学生制度により、中学校、高等学校における数学または理科の実践的指導力を持ったスペシャリスト教員の養成を図っている。一方で、現職教員キャリアアップユニットは、修士課程に入学した現職教員学生が,在学している間に数学又は理科の中学校・高等学校免許を取得する機会を提供するものである。また、2011年度より、地域の小中学校の理科教育の中心的な役割を担う教員の要請を目指したCST(コア・サイエンス・ティーチャー)養成プログラムが始まった。その他に、高度な知識と実践力を持つ小学校外国語活動の指導者を養成する小学校英語活動プログラム、高度な専門性と実践的指導力を備えた教員を養成する教職アドバンストプログラム、子育て支援コーディネーター養成プログラム、神戸ハーバーランドキャンパス特別支援教育プログラム、健康教育実践プログラム、ダブルディグリープログラムも開設されている。2007年度からは、中央教育審議会の提言等を参考にして、学校教育研究科に「学校指導職専攻」と「教育実践高度化専攻」を設置。これを基に、2008年度から教職大学院「教育実践高度化専攻」(入学定員100名)を開設した。「学校経営コース」、「授業実践リーダーコース」、「生徒指導実践開発コース」、「小学校教員養成特別コース(長期在学制度を活用した3年コース)」の4コースを設置しており、さらに2016年4月、上述の「先導研究推進機構」における研究の下、新しい地方教育行政をリードする人材育成を目的とする「教育政策リーダーコース」、学校現場のグローバル化推進を牽引する人材育成を目的とする「グローバル化推進教育リーダーコース」を設置した。兵庫教育大学を基幹大学として、上越教育大学、岡山大学、鳴門教育大学の4大学が連合して運営している大学院連合学校教育学研究科(後期3年のみの博士課程)が置かれている。略称は「兵教」である。「教育の子午線」となることを標榜している。
沿革 ・ 1971年6月 中央教育審議会「今後における学校教育の総合的な拡充整備のための基本的施策について」答申
・ 1975年11月 文部省内に「教員大学院大学創設準備室」を設置(室長 谷口澄夫)
・ 1978年6月 兵庫教育大学の設置等を内容とする「国立学校設置法及び国立養護教諭養成所設置法の一部を改正する法律」が成立
・ 1978年10月 開学。学校教育学部設置(1982年度から学生受入れ)
・ 1980年4月 大学院学校教育研究科(修士課程)設置
・ 1996年4月 大学院連合学校教育学研究科設置
・ 2000年4月 大学院神戸サテライト設置
・ 2004年4月 国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人兵庫教育大学設立。連合大学院大阪サテライト設置
・ 2008年4月 大学院学校教育研究科(専門職学位課程)設置
・ 2013年4月 神戸サテライトを施設の拡張(ホール、会議室の新設、院生合同研究室、図書室の整備)、遠隔講義システムの導入、情報発信機能の拡充等を行い、「神戸ハーバーランドキャンパス」に改称
・ 2014年
 ・ 4月 学校教育研究センターの建物名称を「やまくにプラザ」に変更
 ・ 10月 教育子午線ホール開設、「やまくにプラザ」に子育て支援ルーム「GENKi」を開所
・ 2015年4月 先導研究推進機構を創設、神戸ハーバーランドキャンパスに「イノベーティブラボ(神戸ラボ)」を設置
・ 2016年4月 大学院学校教育研究科専門職学位課程に「教育政策リーダーコース」および「グローバル化推進教育リーダーコース」を設置、大学院連合学校教育学研究科(博士課程)の入学定員を32人に改定

「兵庫教育大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月7日1時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター