ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

追手門学院(心理)文/語/教育系


偏差値53( 3つ星評価 )
得点率概算63.6%
572.4点/900点満点
偏差値順位全国 950位/2324校( 学部単位 )
近畿地方 227位/490校( 学部単位 )
大阪府 67位/175校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【追手門学院大学】
概要
年表 ・ 1966年(昭和41年)
 ・4月 - 設立。経済学部(経済学科)、文学部(イギリス・アメリカ語学文学科、東洋史学科、心理・社会学科(社会学専攻、心理学専攻))を設置。なお、建物の完成の関係で、入学式は4月23日にずれ込む。当初の建物は旧1号館と旧食堂棟
 ・11月 - 初めての大学祭を開催
・ 1967年(昭和42年)
 ・4月 - 2号館が完成
 ・6月 - オーストラリア研究センターを設置
 ・11月 - 大学祭を「将軍山祭」と命名し、この年が第1回とする
 ・月不明 - 府道と大学を結ぶ通学用道路(後に茨木市に寄贈され、現在は市道)が完成
・ 1968年(昭和43年)
 ・4月 - 校旗を制定
 ・5月 - 学友会が発会
 ・7月 - 寄宿舎である「明徳塾」が完成
 ・11月 - 計算センター設置。追手門学院創立80周年、大学開学祝賀会に高松宮殿下が来校
 ・月不明 - 体育館兼講堂が完成。オーストラリア研究センターをオーストラリア研究所に改組
・ 1969年(昭和44年)
 ・4月 - 教育研究所を設置
 ・6月 - 研究棟が完成
・ 1970年(昭和45年)4月 - 文学部心理・社会学科(社会学専攻、心理学専攻)、東洋史学科を廃止し、心理学科、社会学科、東洋文化学科に改組。図書館(第1期)が完成
・ 1971年(昭和46年)
 ・4月 - 経済学部に経営学科を増設。3号館が完成
 ・5月 - 校友会将軍山会(大学同窓会)結成
・ 1973年(昭和48年)4月 - 大学院文学研究科心理学専攻修士課程を開設
・ 1975年(昭和50年)4月 - 大学院文学研究科社会学専攻修士課程を開設
・ 1976年(昭和51年)
 ・11月 - 大学創立10周年記念式典・祝賀会を挙行
 ・月不明 - 日本文化研修道場(松籟庵)が完成
・ 1977年(昭和52年)
 ・4月 - 大学院文学研究科中国文化専攻修士課程を開設
 ・12月 - 学生会館が完成
・ 1979年(昭和54年)
 ・4月 - 大学院経済学研究科経済学専攻修士課程を開設
 ・月不明 - 図書館の増築が完成
・ 1982年(昭和57年)9月 - 旧・第2学生食堂が完成
・ 1984年(昭和59年)
 ・3月 - 4号館が完成
 ・4月 - 大学院文学研究科英文学専攻修士課程を開設
・ 1985年(昭和60年)
 ・4月 - 大学院経済学研究科経営学専攻修士課程を開設
 ・月不明 - 視聴覚教育センターを設置
・ 1986年(昭和61年)月不明 - 大学創立20周年記念式典を挙行。『追手門学院大学二十年史』を刊行
・ 1987年(昭和62年)2月 - 学友会センターが完成
・ 1988年(昭和63年)11月 - 追手門学院創立100周年記念式典を挙行
・ 1990年(平成2年)月不明 - 第2研究棟が完成
・ 1991年(平成3年)7月 - 大学創立25周年記念式典を挙行
・ 1993年(平成5年)4月 - 追手門学院教育研究所が追手門学院大学教育研究所となる
・ 1995年(平成7年)
 ・4月 - 経済学部の経営学科を経営学部(経営学科)に改組。文学部の社会学科、心理学科を人間学部(社会学科、心理学科)に改組。計算センターと視聴覚教育センターを統合し、総合情報教育センターを設置
 ・月不明 - 寄宿舎である「明徳塾」を廃止
・ 1996年(平成8年)月不明 - 5号館と第2学友館センターが完成。5号館の一部に図書館の閲覧室を設置。大学創立30周年記念式典を挙行。『追手門学院大学三十年史』を刊行
・ 1998年(平成10年)4月 - 経済学部に国際経済学科を増設。文学部の東洋文化学科を廃止し、アジア文化学科を増設。文学部のイギリス・アメリカ語学文学科を英語文化学科に名称変更
・ 1999年(平成11年)4月 - 経営学部に国際経営学科を増設。大学院経済学研究科経営学専攻博士(後期)課程を開設。エクステンション・センターを開設。追手門学院大学ロゴマークを制定
・ 2000年(平成12年)
 ・4月 - 大学院経済学研究科経済学専攻博士(後期)課程を開設
 ・月不明 - 新・食堂棟が完成。旧食堂棟と旧第2食堂棟の合計席数の2.5倍の規模となる
・ 2001年(平成13年)11月 - 大学創立35周年記念式典を挙行
・ 2003年(平成15年)4月 - セメスター制を実施
・ 2004年(平成16年)4月 - 地域支援心理研究センターを設置
・ 2005年(平成17年)
 ・4月 - 経済学部の国際経済学科をヒューマンエコノミー学科に改組。経営学部の国際経営学科をマーケティング学科に改組
 ・月不明 - 図書館の改修が完成し、「宮本輝ミュージアム」を図書館内に設置。グラウンド・駐車場、正門等を改修
・ 2006年(平成18年)
 ・4月 - 人間学部の心理学科を心理学部心理学科に改組。人間学部の社会学科を社会学部社会学科に改組。大学院経済学研究科経営学専攻を経営学研究科経営学専攻博士前期・後期課程に改組
 ・月不明 - 6号館(優駿ホール)と中央棟が完成。6号館1階前と学生会館横を結ぶ大エスカレーターが完成。現・バスターミナルが完成
・ 2007年(平成19年)
 ・3月 - 大学創立40周年記念式典を挙行。追手門学院大学オフィス阪急茨木を開設
 ・4月 - 文学部のアジア文化学科を国際教養学部アジア学科に改組。文学部の英語文化学科を国際教養学部英語コミュニケーション学科に改組
 ・月不明 - 新ロゴマークを制定
・ 2008年(平成20年)
 ・3月 - 大阪城スクエアが完成
 ・4月 - 文学研究科の心理学専攻を心理学研究科心理学専攻に改組
 ・6月 - 学校史展示室を備えた将軍山会館が完成
・ 2009年(平成21年)
 ・4月 - 学習支援・教育開発センターを設置
 ・月不明 - 1号館が改築され、現・1号館が完成
・ 2012年(平成24年)4月 - 追手門学院一貫連携教育機構を設置。追手門学院地域文化創造機構を設置
・ 2013年(平成25年)
 ・3月 - 追手門学院大学出版会を設立
 ・4月 - 追手門学院地域文化創造機構が追手門学院大学地域文化創造機構となる。学習支援・教育開発センターを学習支援室、教育開発センターに分離
 ・5月 - 教職支援センターを設置
・ 2014年(平成26年)
 ・1月 - トレーニングセンター(「追fit」)が完成
 ・4月 - 追手門学院大学総合教育研究推進機構を設置。追手門学院大学教育支援機構を設置。心の教育研究所が学院附置から大学附置となる。教育研究所発展解消し、学院附置の一貫連携教育研究所に踏襲
 ・5月 - スポーツ研究センターを設置
・ 2015年(平成27年)
 ・4月 - 地域創造学部地域創造学科を開設。オーストラリア研究所をオーストラリア・アジア研究所に改組・改編
 ・6月 - アサーティブ研究センターを開設。教育開発センターを廃止し、教育開発機構を設置
 ・7月 - 地域支援心理研究センターの分室を設置
 ・10月 - 笑学研究所を設立
・ 2016年(平成28年)
 ・4月 - 国際教養学部の英語コミュニケーション学科を、国際教養学科に改組。追手門学院大学総合教育研究推進機構を研究・社会連携部に改編。追手門学院大学地域文化創造機構を追手門学院大学北摂総合研究所へ改編。教育開発機構を廃止し、教育開発センターを設置。成熟社会研究所が学院附置から大学附置となる。一貫連携教育研究所が学院附置から大学附置となる。学院志研究所が学院附置から大学附置となる
 ・5月 - 大学創立50周年記念式典を挙行
 ・7月 - 大学創立50周年記念祝賀会を挙行
 ・10月 - 学習支援室を廃止
・ 2017年(平成29年)4月 - 国際教養学部のアジア学科を国際日本学科に改組。大学院心理学研究科心理学専攻博士後期課程を開設、修士課程を学士前期課程に改組。ライティングセンターを開設。キャリア開発センターを開設。課外活動支援センターを開設
・ 2018年(平成30年)
 ・4月 - 大学院経営・経済研究科経営・経済専攻博士前期・博士後期課程を開設。大学院経済学研究科を学生募集停止。大学院経営学研究科を学生募集停止。大学院の文学研究科社会学専攻、英文学専攻を現代社会文化研究科現代社会学専攻、国際教養学専攻に改組。大学院文学研究科の中国文化専攻は学生募集停止
 ・11月 - 追手門学院大学創立130周年記念式典を挙行
・ 2019年 - 大学の一部機能をJR総持寺駅北の東芝茨木工場跡地に移転し、2キャンパス体制となる。また、隣接地に建つ追手門学院中学校・高等学校が全面的に東芝茨木工場跡地に移転したため、中学校・高等学校跡も大学用地となり、ひとまず現在は校舎の東側にある駐車場を移転させる予定。(なお、現在の駐車場は売却される予定である)

「追手門学院大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月4日1時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター