ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

関西外国語(英語キャリア)文/語/教育系


偏差値60( 4つ星評価 )
得点率概算72%
648点/900点満点
偏差値順位全国 441位/2324校( 学部単位 )
近畿地方 124位/490校( 学部単位 )
大阪府 36位/175校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【関西外国語大学】
概要 真の国際人養成を目指して、「英語で学ぶ」を目標に、実践的教育カリキュラムを展開する外国語大学。キャッチコピーは「GO FOR IT - 語学の、その先へ」。2018年度に海外留学を果たした学生総数は約1930人にのぼり、語学留学や私費留学などを除いた正規の専門留学(年間16単位以上を留学先で取得)による学生数は1200人強で全国第1位。2019年10月末現在、欧米を中心に全世界55か国、391大学と提携し、交流を進めている。学部、学科によっては、教育課程に留学が組み込まれ、事実上、義務化されているため、多くの学生が奨学金(①留学先授業料免除②留学先授業料+住居費+食費免除)によってその実現を果たしているのも特徴的である。2011年度より、英語による専門性を高める「英語キャリア学部」が新設され、2013年度には、英語が使える小学校教員を養成するため、同学部に「小学校教員コース」も開設された。2014年度には「国際言語学部」の学生募集停止に伴い、英語と中国語を同時に学ぶ「英語国際学部」が設置された。
沿革 ・1945年 大阪市東住吉区に谷本英学院を創立
・1947年 関西外国語学校を開設
・1953年 関西外国語短期大学を大阪市住吉区万代に開設、米英語科設置
・1966年 関西外国語大学を枚方市北片鉾町に開設、外国語学部(英米語学科、スペイン語学科)設置
・1971年 海外の大学との交換留学制度が発足
・1972年 国際文化研究所を設立
・1973年 大学院外国語学研究科英語学専攻(修士課程)を開設
・1976年 大学院外国語学研究科に言語文化専攻を増設
・1979年 大学院に外国語大学では全国初の博士課程後期を設置
・1984年 穂谷学舎開学(万代学舎を移転)
・1992年 短期大学の名称を「関西外国語大学短期大学部」に変更 
・1994年 人権教育思想研究所を設置
 ・英名を「Kansai University of Foreign Studies」より「Kansai Gaidai University」に改名 
・1996年 国際言語学部国際言語コミュニケーション学科を設置
・2002年 中宮学舎開学、総合体育館、グラウンドなどを残し、片鉾学舎から移転。片鉾学舎の一部の建物を枚方市に寄贈
・2006年 大学基準協会による機関別認証評価をうけ同協会の定める大学基準に適合するとの認証をうける
・2009年 北京語言大学との連携により「関西外国語大学孔子学院」を開設(穂谷キャンパス内)
・2011年 中宮学舎を拡大、英語キャリア学部英語キャリア学科を設置
・2012年 中宮学舎にICC(インターナショナル・コミュニケーション・センター)を設置
・2013年 英語キャリア学部英語キャリア学科に小学校教員コースを設置
 ・穂谷キャンパスの名称を「学研都市キャンパス」に変更
・2014年 学研都市キャンパスの国際言語学部を英語国際学部英語国際学科に改組
・2018年 中宮キャンパス近接地に御殿山キャンパスを開設、英語国際学部英語国際学科を移転。

「関西外国語大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月31日5時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。