ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

龍谷(経済)法/経/商/社会系


偏差値58( 4つ星評価 )
得点率概算69.6%
626.4点/900点満点
偏差値順位全国 529位/2324校( 学部単位 )
近畿地方 145位/490校( 学部単位 )
京都府 54位/113校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【龍谷大学】
概要 寛永16年(1639年)、西本願寺13代宗主良如が、本山阿弥陀堂の北に僧侶の教育機関として設立した学寮を起源としている。建学の精神(校訓・理念・学是)は、真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする。2012年、「You, Unlimited」が大学のブランドスローガンとして制定された。
年表 ・ 寛永16年(1639年) 京都、西本願寺境内に学寮竣工
・ 慶安3年(1650年) 学寮の制条(学則)を制定
・ 承応4年/明暦元年(1655年) 承応の教義論争に端を発し幕府の命により学寮を破却。東中筋魚棚下ルの仮屋に学林を設置(学林町の町名の由来となる)。
・ 延宝8年(1680年) 所化(学生名簿)を作成
・ 元禄8年(1695年) 学林講堂、衆寮を再建(東中筋学林町)
・ 正徳4年(1714年) 知空「学林之由来」を書す
・ 宝暦2年(1752年) 学林講堂が完成
・ 天明3年(1783年) 「龍谷学黌大蔵目録」を編集
・ 天明8年(1788年) 京都市中の大火により学林類焼、本願寺集会所を借用し講義を継続
・ 寛政4年(1792年) 学林講堂を再建
・ 文政7年(1824年) 初となる勧学職を置く。年預勧学の制を創設し集団指導体制を確立。
・ 元治元年(1864年) 禁門の変の兵火により学林全焼
・ 慶応2年(1866年) 仮講堂完成
・ 慶応3年(1867年) 学林改革のため総督、副総督を置く
・ 明治2年(1869年) 破邪学(キリスト教研究)など兼学6科を開講
・ 明治4年(1871年) 学林を本願寺境内(下京区七条通大宮)へ移転。内学、皇学、漢学を開講
・ 明治5年(1872年) 初となる洋学「独乙語学篇」を開講
・ 1875年(明治8年) 林門改正により学校制度を採用。普通学を開講
・ 1876年 学林を大教校に改称。全国7カ所に中教校、各県に小教校を設置。
・ 1879年 大教校(現大宮学舎本館、南黌、北黌、正門、守衛所)落成。
・ 1880年 明治天皇、大教校に行幸
・ 1888年 大学林例を発布。考究院、内学院および文学寮(普通教校を改称統合)の二院一寮制を採用。
・ 1891年 大学林例を廃止し、大学林、文学寮を分立
・ 1900年 学制を更改し、仏教大学(現佛教大学とは無関係)、仏教高等中学、仏教中学の3種とする
・ 1902年 仏教大学を仏教専門大学(京都)と高輪仏教大学(東京)に分立
・ 1904年 大谷探検隊がクチャ地区のクムトラ千沸洞を調査し五大窟で壁に刻記された6種の碑文を発見
・ 1904年 仏教専門大学と高輪仏教大学を仏教大学(京都)に統合
・ 1905年 専門学校令により仏教大学が認可
・ 1908年 大教校に新図書館開設。
・ 1909年 大谷探検隊がロプ湖北岸のローラン古址より「李柏尺牘稿」(現在では重要文化財)を発掘・収集。
・ 1922年(大正11年) 大学令により(旧制)大学となり、龍谷大学と改称
・ 1928年(昭和3年) 女子学生の入学が認められる
・ 1933年 学歌制定
・ 1936年 大宮図書館落成
・ 1949年(昭和24年) 新制大学令による新制龍谷大学として認可。文学部(4年制)を開設
・ 1950年 短期大学部仏教科を開設
・ 1953年 大学院文学研究科真宗学真宗史専攻、仏教学仏教史専攻修士課程を開設。大谷探検隊収集の仏典・古文書類が西本願寺より寄贈される
・ 1955年 大学院文学研究科真宗学真宗史専攻、仏教学仏教史専攻博士課程を開設。
・ 1958年 国賓として来日中のインド初代大統領ラージェーンドラ・プラサード氏が龍谷大学を訪問。同氏に初となる名誉博士第一号の学位が授与される。
・ 1960年 親鸞聖人700回大遠忌記念事業として京都市伏見区に深草学舎を設置。
・ 1961年 経済学部経済学科、仏教文化研究所を開設
・ 1962年 短期大学部社会福祉学科を開設
・ 1963年 経済学部に経営学科を開設
・ 1964年 明治12年の西洋建築群(大宮学舎本館、正門、南黌、北黌、旧守衛所ほか)が国の重要文化財に指定
・ 1966年 経営学部経営学科を開設。大学院文学研究科哲学専攻、国史学専攻、東洋史学専攻、国文学専攻の修士課程並びに博士課程を開設。真宗学真宗史専攻、仏教学仏教史専攻を仏教学専攻に改組。
・ 1967年 大学院文学研究科英文学専攻修士課程並びに博士課程を開設
・ 1968年 法学部法律学科、文学部社会学科を開設。関西六大学野球春季リーグで硬式野球部が初優勝。
・ 1969年 社会科学研究所を開設。学園紛争により深草学舎が50日間封鎖。
・ 1971年 大学院文学研究科社会学・社会福祉学専攻修士課程を開設
・ 1971年 大学院法学研究科法律学専攻修士課程を開設
・ 1973年 創立330周年式典。深草図書館落成。
・ 1974年 大学院法学研究科法律学専攻博士課程を開設
・ 1977年 特別研修講座開設。第1回「龍谷講座」開催。
・ 1979年 深草学舎に紫英館竣工。
・ 1982年 大学院経済学研究科経済学専攻、経営学研究科経営学専攻修士課程を開設。
・ 1983年 長尾隆次より社史のコレクション「長尾文庫」を寄贈。
・ 1984年 大学院文学研究科社会学・社会福祉学専攻修士課程を分離し博士課程を開設
・ 1985年 大学院経済学研究科経済学専攻、経営学研究科経営学専攻博士課程を開設。短期大学部専攻科を開設。留学生別科を開設。
・ 1987年 滋賀県大津市に瀬田校地取得。龍谷大学・ハーバード大学創立350周年・日米国際シンポジウム開催。
・ 1988年 セメスター制、グレード制を採用。深草学者、学部共通コースを設置。
・ 1989年(平成元年) 創立350周年記念事業の一環として瀬田学舎を開学。理工学部数理情報学科、電子情報学科、機械システム工学科、物質化学科並びに社会学部社会学科、社会福祉学科を開設。地域総合研究所、科学技術共同研究センターを開設。
・ 1991年 大学院社会学研究科社会学専攻、社会福祉学専攻修士課程(昼夜開講制)並びに博士課程を開設。瀬田学舎に龍谷エクステンションセンター(REC)を設置。
・ 1992年 文学部仏教学科真宗学専攻、文学科国文学専攻、英文学専攻を真宗学科、日本語日本文学科、英語英米文学科に改組。法学部に政治学科を開設。短期大学部専攻科に福祉専攻を開設。
・ 1993年 大学院理工学研究科数理情報学専攻、電子情報学専攻、機械システム工学専攻、物質化学専攻修士課程を開設。
・ 1994年 大学院文学研究科教育学専攻修士課程を開設。大学院文学研究科、法学研究科、経済学研究科、経営学研究科の修士課程に昼夜開講制を導入。日本の大学では初となる龍谷エクステンションセンター「レンタルラボ」が誕生。
・ 1995年 大学院理工学研究科数理情報学専攻、電子情報学専攻、機械システム工学専攻、物質化学専攻博士課程を開設。
・ 1996年 瀬田学舎に国際文化学部国際文化学科を開設。大学院文学研究科国文学専攻、英文学専攻博士課程を日本語日本文学専攻、英語英米文学専攻に名称変更。
・ 1997年 文学部、経済学部、経営学部に昼夜開講制夜間主コースを開設、瀬田学舎にハイテク・リサーチ・センター(HRC)を開設。地域総合研究所を国際社会文化研究所に改組。
・ 1998年 社会学部社会福祉学科を地域福祉学科、臨床福祉学科に改組
・ 2000年 大学院文学研究科教育学専攻博士課程を開設。大学院国際文化学研究科国際文化学専攻修士課程を開設。
・ 2001年 人間・科学・宗教総合研究センター、大学教育開発センター、龍谷ボランティア・NPO活動センター、古典籍デジタルアーカイブ研究センターを開設。
・ 2002年 大学院国際文化学研究科国際文化学専攻博士課程を開設。瀬田学舎に人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター、深草学舎に矯正・保護研究センター、京都産業学センターを開設。
・ 2003年 理工学部情報メディア学科、環境ソリューション工学科を開設。大学院法学研究科、経済学研究科共同運営によるNPO・地方行政研究コースを開設。
・ 2004年 社会学部コミュニティマネジメント学科を開設。里山学・地域共生学オープン・リサーチ・センターを開設。
・ 2005年 大学院法務研究科法務専攻(法科大学院)を開設。アフラシア平和開発研究センター、知的財産センターを開設。東京オフィスを開設。
・ 2006年 経済学部経済学科を現代経済学科、国際経済学科に改組。革新的材料・プロセス研究センター、情報通信システム研究センターを開設。米国カリフォルニア州バークレーにRyukoku University Berkley Center(龍谷大学バークレーセンター RUBeC)を開設。
・ 2007年 大学院理工学研究科情報メディア学専攻、環境ソリューション工学専攻修士課程を開設。大学院法学研究科、経済学研究科、国際文化学研究科の共同運営により、龍谷大学大学院アジア・アフリカ総合研究プログラムを開設。小学校教諭免許状取得支援制度を開始。
・ 2008年 大学院文学研究科教育学専攻が臨床心理士第1種指定大学院に認定。大阪オフィスを開設。平安中学校・高等学校の付属化により龍谷大学付属平安中学校・高等学校を開設(運営は学校法人平安学園)。
・ 2009年 創立370周年記念事業、式典を開催。大学院実践真宗学研究科実践真宗学専攻、大学院理工学研究科情報メディア学専攻、環境ソリューション工学専攻博士課程を開設。大阪オフィスの移転、拡充により大阪梅田キャンパスを開設。
・ 2010年 龍谷大学アバンティ響都ホールを開館。JR瀬田駅近隣にバスターミナルを整備。矯正・保護総合センター、アジア仏教文化研究センター、現代インド研究センターを開設。大英図書館との覚書を締結。
・ 2011年 龍谷ミュージアムを開館。地域公共人材・政策開発リサーチセンターを開設。政策学部政策学科、大学院政策学研究科政策学専攻修士課程を開設。短期大学部にこども教育学科を開設。
・ 2012年 文学部に臨床心理学科を開設。文学部史学科国史学専攻を歴史学科日本史学専攻に名称変更。大学院文学研究科臨床心理学専攻修士課程、博士課程を開設。
・ 2013年 深草町家キャンパスを開設。地域貢献型メガソーラー発電所龍谷ソーラーパークを設置。学校法人龍谷大学100%出資による龍谷メルシー株式会社を設立。
・ 2015年 深草学舎に和顔館竣工。国際文化学部を瀬田学舎から深草学舎へ移転して国際学部と改名し、国際文化学科、グローバルスタディーズ学科に改組。瀬田学舎に農学部を開設し、植物生命学科、資源生物科学科、食品栄養学科、食料農業システム学科を設ける。学校法人平安学園と法人合併。法科大学院の学生募集を停止。
・2016年 文学部歴史学科文化遺産学専攻を開設。社会学部地域福祉学科、臨床福祉学科を現代福祉学科に改組。
・ 2017年 世界仏教文化研究センターと、中国の旅順博物館とで学術交流に関する友好協定を締結。
・2018年 大学院農学研究科食農科学専攻修士課程・博士課程を開設。
・2019年 大学院国際文化学研究科国際文化学専攻修士課程および博士課程を大学院国際学研究科国際文化学専攻、グローバルスタディーズ専攻、言語コミュニケーション専攻修士課程および国際文化学専攻、グローバルスタディーズ専攻博士課程に改組。創立380年記念事業、式典を開催。並びに、瀬田学舎開学30周年記念事業を開催。
・2020年:理工学部を改組し、瀬田学舎に先端理工学部を設置。深草学舎旧学友会館跡地に成就館竣工。

「龍谷大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月11日20時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター