ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

名古屋女子(文)文/語/教育系


偏差値55( 3つ星評価 )
得点率概算66%
594点/900点満点
偏差値順位全国 756位/2324校( 学部単位 )
中部地方 108位/358校( 学部単位 )
愛知県 64位/171校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女女子
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【名古屋女子大学】
概要 学校法人越原学園および名古屋女子大学は、越原春子が1915年(大正4年)創立した名古屋女学校を母体とし、1964年(昭和39年)に開設された4年制大学(女子大)である。創立者の越原春子は戦後の1946年(昭和21年)、初の女性衆議院議員として当選した人物のひとりであり、また名古屋帯の考案者としても知られる。同学校法人は他にも名古屋女子大学短期大学部、名古屋女子大学中学校・高等学校、名古屋女子大学付属幼稚園も運営している。名古屋女子大学は、名古屋の四大女子大の一つとされる{{要出典 date=2013年8月}。現在の理事・学長は越原もゆる。
沿革 ・ 1915年 - 越原和、越原春子、名古屋女学校(後の高等女学校)を共同創立。
・ 1940年 - 姉妹校・緑ヶ丘高等女学校を創立。
・ 1948年 - 名古屋高等女学校、緑ヶ丘高等女学校を合併し、名古屋女学院中学校・同高等学校(現名古屋女子大学中学校・同高等学校)として新発足。
・ 1950年 - 名古屋女学院短期大学(家政科)を開設。
・ 1964年 - 名古屋女子大学(家政学部家政学科)を開設。名古屋女学院短期大学を名古屋女子大学短期大学部と改称。
・ 1978年 - 家政学部児童学科を天白学舎に移設。
・ 1998年 - 大学院生活学研究科(生活環境専攻)、人文科学研究科(日本文化専攻)の2研究科を開設。
・ 2007年 - 学校法人名古屋女子大学の法人名称を学校法人越原学園に変更。
・ 2009年 - 大学敷地内に越原記念館が開館。
・ 2015年 - 天白学舎を閉鎖し、汐路学舎に統合。
・ 2019年 - 健康科学部に看護学科を開設予定。

「名古屋女子大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月4日2時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター