ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

南山(外国語)文/語/教育系


偏差値66( 5つ星評価 )
得点率概算79.2%
712.8点/900点満点
偏差値順位全国 228位/2324校( 学部単位 )
中部地方 20位/358校( 学部単位 )
愛知県 11位/171校( 学部単位 )
国公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【南山大学】
概要
年表 ・ 1932年(昭和7年)1月 - 財団法人南山中学校設立
・ 1936年(昭和11年)1月 - 南山小学校設立
・ 1941年(昭和16年)3月 - 南山小学校が名古屋市に移管
・ 1946年(昭和21年)7月 - 財団法人南山中学校を財団法人南山学園に組織変更。南山外国語専門学校設立、英語科・華語科を設置
・ 1947年(昭和22年)
 ・ 4月 - 南山中学校(男子部)設立。南山外国語専門学校に独語科、仏語科を増設
 ・ 8月 - 南山外国語専門学校を名古屋外国語専門学校と改称
・ 1948年(昭和23年)
 ・ 4月 - 南山高等学校(男子部)設立。南山中学校に女子部設置
 ・ 10月 - 財団法人南山学園の経営をカトリック名古屋教区から神言修道会へ委譲
・ 1949年(昭和24年)
 ・ 4月 - 南山大学開学。文学部第一部英文学科、仏文学科、独文学科、中国文学科、文学部第二部英文学科を設置
 ・ 5月 - 南山大学の大学開学式典が行われる(1971年(昭和46年)の大学開学記念日制定の由来となる)
 ・ 9月 - 南山大学附属人類学民族学研究所設置(のちに人類学研究所と改称)
・ 1950年(昭和25年)4月 - 文学部に哲学科、教育学科、社会学科を増設。英文学科を英語学英文学科、仏文学科を仏語学仏文学科、独文学科を独語学独文学科、中国文学科を中国語学中国文学科と改称
・ 1951年(昭和26年)4月 - 名古屋外国語専門学校を廃止
・ 1952年(昭和27年)4月 - 文学部社会学科を社会科学部社会学科、人類学科に改組
・ 1958年(昭和33年)4月 - 大学院社会科学研究科文化人類学専攻修士課程を設置
・ 1960年(昭和35年)
 ・ 4月 - 社会科学部社会学科を経済学部経済学科、人類学科を文学部人類学科に改組。大学院社会科学研究科を文学研究科と改称。文学部に西語学科を増設。大学院社会科学研究科に(文学研究科)文化人類学専攻博士課程を増設
 ・ 6月 - 第1回上南戦を開催
・ 1962年(昭和37年)4月 - 文学部に神学科を増設。大学院文学研究科に英文学専攻修士課程を増設。文学部中国語中国文学科を廃止
・ 1963年(昭和38年)4月 - 外国語学部英米科、イスパニヤ科を増設、経済学部に経営学科を増設
・ 1964年(昭和39年)4月 - 現在の名古屋キャンパスの所在地にあたる昭和区山里町の新校舎へ移転。大学院文学研究科に英文学専攻博士課程を増設
・ 1968年(昭和43年)4月 - 経済学部経営学科を経営学部経営学科に改組。南山短期大学開学、英語科を設置
・ 1969年(昭和44年)4月 - 大学院文学研究科に仏文学専攻修士課程を増設
・ 1970年(昭和45年)1月 - 名古屋聖霊短期大学開学、家政学科を設置
・ 1972年(昭和47年)4月 - 文学部に国語学国文学科を増設。大学院経営学研究科経営学専攻修士課程を設置。大学院文学研究科に仏文学専攻博士課程を増設
・ 1973年(昭和48年)10月 - 大学に隣接してロゴスセンター開館
・ 1974年(昭和49年)
 ・ 4月 - 日本研究センター(外国人留学生別科)を設置。大学院文学研究科に独文学専攻修士課程を増設。大学院経営学研究科に経営学専攻博士課程を増設
 ・ 11月 - 学園に南山宗教文化研究所を設置
・ 1976年(昭和51年)4月 - 大学院文学研究科に独文学専攻博士後期課程を増設。アメリカ研究センターを設置
・ 1977年(昭和52年)4月 - 法学部法律学科を設置。南山短期大学に人間関係研究センターを設置
・ 1979年(昭和54年)4月 - 南山宗教文化研究所を大学に移管、大学院文学研究科に神学専攻修士課程を増設
・ 1980年(昭和55年)5月 - 南山経済倫理研究所を設置
・ 1981年(昭和56年)
 ・ 4月 - 大学院法学研究科法学専攻修士課程を設置、大学院文学研究科に神学専攻博士課程を増設
 ・ 6月 - 南山経済倫理研究所を社会倫理研究所と改称
・ 1982年(昭和57年)4月 - 日本研究センターとアメリカ研究センターを包括し、国際部を設置
・ 1983年(昭和58年)4月 - ラテンアメリカ研究センターを設置(イベロアメリカ研究センターを改組)
・ 1984年(昭和59年)4月 - 文学部神学科・大学院文学研究科神学専攻博士課程が「在名古屋南山大学教皇庁認可神学部」としてローマ教皇庁により認可
・ 1985年(昭和60年)4月 - 経営研究センター、視聴覚教育センターを設置
・ 1986年(昭和61年)
 ・ 4月 - 経営学部に情報管理学科を増設
 ・ 5月 - 国際部にオーストラリア研究センターを設置
・ 1988年(昭和63年)4月 - 外国語学部に日本語学科を増設
・ 1991年(平成3年)4月 - ヨーロッパ研究センターを設置
・ 1992年(平成4年)4月 - 大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程、日本語教育専攻修士課程を設置
・ 1993年(平成5年)4月 - 南山国際高等学校・中学校設立
・ 1995年(平成7年)6月 - 学校法人南山学園と学校法人名古屋聖霊学園が合併
・ 2000年(平成12年)4月 - 文学部を人文学部と改称。文学部の神学科を人文学部キリスト教学科に改称。文学部の哲学科および人類学科を人文学部人類文化学科に改組。文学部の国語国文学科および外国語学部の日本語学科を人文学部日本文化学科に改組。文学部の仏語学仏文学科を外国語学部フランス学科に改組。文学部の独語学独文学科を外国語学部ドイツ学科に改組。外国語学部の英米科および文学部の英語学英文学科を外国語学部英米学科に改称。外国語学部のイスパニヤ科を外国語学部スペイン・ラテンアメリカ学科に改称。外国語学部にアジア学科を設置。人間関係研究センターを設置。従前のキャンパスを名古屋キャンパスとし、愛知県瀬戸市に瀬戸キャンパスを開設し、中部地区初となる、総合政策学部総合政策学科を設置。経営学部情報管理学科を数理情報学部情報通信学科、数理科学科に改組
・ 2002年(平成14年)4月 - 名古屋キャンパスに南山エクステンション・カレッジを開設
・ 2003年(平成15年)4月 - 名古屋キャンパスにアジア研究センターを設置。名古屋キャンパスに言語学研究センターを設置。名古屋キャンパスがDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選定
・ 2004年(平成16年)4月 - 名古屋キャンパスに法務研究科(法科大学院)法務専攻専門職学位課程を設置。名古屋キャンパスの大学院文学研究科と大学院外国語学研究科を改組し、人間文化研究科キリスト教思想専攻修士課程、人類学専攻修士課程、教育ファシリテーション専攻修士課程、言語科学専攻修士課程と国際地域文化研究科国際地域文化専攻修士課程を設置。瀬戸キャンパスに総合政策研究科総合政策専攻修士課程と数理情報研究科数理情報専攻博士前期課程および博士後期課程を設置。名古屋市東区東桜にサテライトキャンパスを設置
・ 2005年(平成17年)4月 - 名古屋キャンパスのオーストラリア研究センターとアジア研究センターを統合し、アジア・太平洋研究センターを設置。サテライトキャンパスに数理情報研究センターを設置
・ 2006年(平成18年)4月 - 経営学研究科をビジネス研究科に改称。ビジネス研究科ビジネス専攻専門職学位課程を増設。人間文化研究科に宗教思想専攻博士課程、人類学専攻博士課程、言語科学専攻博士課程を増設。数理情報学部の数理科学科を情報システム数理学科に改称。大学院総合政策研究科に総合政策研究科博士課程を増設
・ 2007年(平成19年)4月 - 名古屋キャンパスに英語教育センターを設置。名古屋キャンパスに法曹実務教育研究センターおよびリーガルクリニックを設置
・ 2008年(平成20年)4月 - 南山大学附属小学校開校
・ 2009年(平成21年)4月 - 数理情報学部を情報理工学部に改称。情報理工学部にソフトウェア工学科とシステム創成工学科を設置
・ 2010年(平成22年)
 ・ 3月 - サテライトキャンパスを閉鎖
 ・ 4月 - サテライトキャンパスにあった数理情報研究センターを瀬戸キャンパスへ移転
・ 2011年(平成23年)4月 - 南山短期大学を南山大学短期大学部に改称し、南山大学名古屋キャンパス内に移転。南山短期大学部のコミュニティカレッジ公開講座を南山大学名古屋キャンパスの南山エクステンション・カレッジに統合
・ 2012年(平成24年)10月 - 法人本部を昭和区南山町1へ移転
・ 2013年(平成25年)4月 - 名古屋キャンパスに教職センターを設置。瀬戸キャンパスの大学院数理情報研究科を理工学研究科に改組。システム数理専攻博士前期課程、ソフトウェア工学専攻博士前期課程、機械電子制御工学専攻博士前期課程を設置
・ 2014年(平成26年)4月 - 大学院経済学研究科、経営学研究科、総合政策研究科を社会科学研究科経済学専攻博士前期課程、経営学専攻博士前期課程、総合政策専攻博士前期課程に改組。情報理工学部を理工学部と改称。情報理工学部のシステム創成工学科を理工学部機械電子制御工学科と、情報理工学部情報システム数理学科を理工学部システム数理学科と改称。数理情報研究センターを理工学研究センターに改称
・ 2015年(平成27年)4月 - 大学院理工学研究科システム数理専攻、ソフトウェア工学専攻、電子制御工学専攻博士後期課程を設置
・ 2017年(平成29年)
 ・ 3月 - キャンパス統合に伴い、瀬戸キャンパスを閉鎖
 ・ 4月 - 国際教養学部国際教養学科を設置。南山大学短期大学部学生募集停止
・2019年(平成31年)4月 - 大学院法学研究科法律学専攻博士前期課程・博士後期課程を設置

「南山大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年6月7日2時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター