ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の大学・国公立大学・私立大学の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの大学、色分けされた左上のリンク先で地方限定による大学の偏差値ランキングを表示させる事ができます。

岐阜薬科(薬)医/薬/保健系


偏差値66( 5つ星評価 )
得点率概算79.2%
712.8点/900点満点
偏差値順位全国 228位/2324校( 学部単位 )
中部地方 20位/358校( 学部単位 )
岐阜県 2位/28校( 学部単位 )
国公立/私立国公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【岐阜薬科大学】
概要
沿革 ・1932年(昭和7年) - 岐阜市立岐阜薬学専門学校を創立(岐阜市九重町、現:岐阜市立梅林中学校)
・1937年(昭和12年) - 岐阜市岩戸に薬草園を開設(1947年(昭和22年)に閉園)
・1949年(昭和24年) - 新制岐阜薬科大学となる
・1953年(昭和28年) - 大学院修士課程を設置
・1965年(昭和40年) - 大学院博士課程を設置(岐阜市三田洞)に移転
・1968年(昭和43年) - 敷地内に薬草園設置
・1971年(昭和46年) - 薬草園を椿洞に移転
・2006年(平成18年) - 薬学部薬学科を6年制に移行(厚生薬学科・製造薬学科廃止)、4年制学科の薬科学科を設置
・2007年(平成19年) - 岐阜大学とともに連合創薬医療情報研究科開設(設置大学は岐阜大学)
・2009年(平成21年) - 特別選抜(推薦入試Aおよび推薦入試B)を開始
・2010年(平成22年) - 学部4回と大学院、研究室(一部を除く)を本部キャンパス(岐阜市大学西)に移転
・2011年(平成23年) - 独立行政法人医薬品医療機器総合機構と連携大学院を設置。
・2016年(平成28年)12月9日 - 名古屋大学大学院医学系研究科と研究試料の共有化などの創薬研究強化で連携協定に調印教育
 ○ 学部・学科
・薬学部
 ・薬科学科
 ・薬学科大学院
・薬学研究科
 ・薬科学専攻(修士課程・博士後期課程)
 ・薬学専攻(博士課程)

「岐阜薬科大学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月8日13時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター