amazon ベストセラー ランキング チャート 大学受験入試問題集
『大学受験入試問題集』のamazon ベストセラーランキングチャートを見てみましょう。
※ このページは、amazonの『大学受験入試問題集』カテゴリー内TOP10の10日間のベストセラー推移をグラフ化した、ランキングサイトです(1日ごとに更新しています)。1位から10位までを上から順番に3つずつ並べてあり、商品の順位の変化をそれぞれの色の折れ線グラフで描いています(同じ色の線を左に辿って、過去に遡って順位を見ます)。また、上記メニューより、他のカテゴリーの売れ筋推移グラフも表示する事ができます。
では『大学受験入試問題集』の順位をみていきましょう。上から下に順に表示されているのが今回の順位となっています。昨日と比べてみると、上位ランキングは非常に変化の無い状況となっているのがわかります。今回1位を取ったのは『ことばの危機 大学入試改革・教育政策を問う (集英社新書)』。長期間確実にナンバーワンを保ってます。注目は『立教大学(全学部日程〈理学部を除く〉) (2021年版大学入試シリーズ)』、圏外から8位→10位→8位とがっちりと順位を上げノリノリ。それに対して弱々しいのが『大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス(3 発展レベル) (.)』で、6位→9位→8位→8位→7位→8位→8位→9位→9位→9位→10位と大きく順位を下げています。それと第6位の『早稲田大学(基幹理工学部・創造理工学部・先進理工学部) (2021年版大学入試シリーズ)』、大きく切り替わっているので次回以降に注目していきましょう。『大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス(1 標準レベル) (.)』があと少しの2位でランキング変化せず。『【CD2枚付】TEAP実践問題集 (大学入試合格のためのTEAP対策書)』がもう少しの3位で順位変化なし。4位に『大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編』、ランキング変化なし。次いで、『大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス(2 応用レベル) (.)』が5位、ランキング変化なし。『東京大学(理科) (2021年版大学入試シリーズ)』が7位とランクを上げています。『早稲田大学(商学部) (2021年版大学入試シリーズ)』が9位と順位を下げてます。明日の『大学受験入試問題集』のチャートはどのようになってるんでしょうか?お楽しみに。