amazon ベストセラー ランキング チャート 大学受験入試問題集
『大学受験入試問題集』のamazon ベストセラーランキングチャートを見てみましょう。
※ このページは、amazonの『大学受験入試問題集』カテゴリー内TOP10の10日間のベストセラー推移をグラフ化した、ランキングサイトです(1日ごとに更新しています)。1位から10位までを上から順番に3つずつ並べてあり、商品の順位の変化をそれぞれの色の折れ線グラフで描いています(同じ色の線を左に辿って、過去に遡って順位を見ます)。また、上記メニューより、他のカテゴリーの売れ筋推移グラフも表示する事ができます。
『大学受験入試問題集』のランキングをみてみましょう。右側に上位から並んでいるのが現時点の順位となってます。昨日と比べてみると、上位ランクは結構安定してています。今回第1位を取ったのは『大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編』。長期間がっちりと首位を保ってます。目立つのが『大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編』、10位→6位→4位→7位→3位→3位→3位→2位→2位→2位→2位としっかりと順位を伸ばし良い感じ。対してピンチなのが『早稲田大学(基幹理工学部・創造理工学部・先進理工学部) (2018年版大学入試シリーズ)』で、5位→3位→3位→3位→5位→4位→4位→5位→5位→5位→10位と激しくランクを下げました。ランキング変動無しの『秋田大学 (2018年版大学入試シリーズ)』がもう少しの第3位。『東洋大学(経済学部・経営学部・社会学部・国際学部・生命科学部・食環境科学部) (2018年版大学入試シリーズ)』が4位、順位変動無し。ランキングを上げて第5位が『鳥取大学 (2018年版大学入試シリーズ)』。『高崎経済大学 (2018年版大学入試シリーズ)』が6位。『首都大学東京(理系) (2018年版大学入試シリーズ)』が第7位。続いて、『千葉大学(理系−前期日程) (2018年版大学入試シリーズ)』が8位。次に、9位に『信州大学(理系―前期日程) (2018年版大学入試シリーズ)』で順位変わらず。次回の『大学受験入試問題集』のランキングはどういった結果になっているでしょうか?お楽しみに。