amazon ベストセラー ランキング チャート センター試験対策
『センター試験対策』のamazon ベストセラーランキングチャートを見てみましょう。
※ このページは、amazonの『センター試験対策』カテゴリー内TOP10の10日間のベストセラー推移をグラフ化した、ランキングサイトです(1日ごとに更新しています)。1位から10位までを上から順番に3つずつ並べてあり、商品の順位の変化をそれぞれの色の折れ線グラフで描いています(同じ色の線を左に辿って、過去に遡って順位を見ます)。また、上記メニューより、他のカテゴリーの売れ筋推移グラフも表示する事ができます。
『センター試験対策』の順位をみていきましょう。上から順番に並べてあるのが今回のランキングとなってます。昨日と比べてみると、全般に非常に変化のない状態になってます。今回首位を獲得したのは『漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)』。長くきっちり1位を維持してます。注目すべきは3位の『改訂第3版 センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本』、がっちりランクアップしいい調子。それとは逆にピンチなのが4位の『船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)』で、著しくランクを下げてます。『マドンナ古文単語230 パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)』が惜しくも第2位で順位変動無し。ランキング変わらずの『きめる! センター現代文』が5位。順位変動無し第6位が『センター試験過去問研究 数学Ⅰ・A/Ⅱ・B (2019年版センター赤本シリーズ)』。次に、第7位に『改訂第3版 センター試験 倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる本』で順位同じ。順位変わらずの8位に『マドンナ古文常識217 パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)』。ランキング変化なしの9位が『マドンナ古文 パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)』。『山岡の地理B教室 PARTI (東進ブックス―気鋭の講師シリーズ)』が最後第10位。明日の『センター試験対策』の順位はどういった結果になってるでしょうか?お楽しみに。
<1週間でサッと読める!> 地理は膨大な知識をひたすら暗記する科目? この本を読めば、そんな考え方が変わります。楽しくナットクしながら自然に力がつく、地理B入門講義の決定版。知識ゼロの人も大歓迎! <目次> 【第1講】 交通・通信・貿易  ◆交通   原始的交通  近代的交通  鉄道   自動車  船舶  航空機  パイプライン 【第2講】 人種と民族  ◆人種   人類の区分  主な人種  ラテンアメリカの人種構成  人種問題   ◆民族   語族  宗教  ヨーロッパの民族と民族問題  アジアの民族と民族問題  アフリカの民族と民族問題 北アメリカの民族と民族問題  【第3講】 国家と国際機構  ◆国家   国家の成り立ちと分類  国家の領域  国境  国境紛争   ◆国際機構   政治・経済に関するもの 【第4講】 人口と人口問題  ◆世界の人口分布   居住地域  世界の人口   ◆人口の動態   人口の増減  自然増減の類型   ◆人口構成   人口ピラミッド  産業別人口構成   ◆人口問題   人口問題の発生  中国の人口問題  インドの人口問題  スウェーデンの人口問題  ドイツの人口問題 【第5講】  地図とその利用・地域調査  ◆地図   時差  世界地図  地形図  統計地図  新しい地図  【第6講】 地形環境  ◆大地形   プレートテクトニクス理論  大地形の分類  火山・地殻変動による山地  ◆小地形   侵食平野  堆積平野  【第7講】 気候・植生・土壌  ◆気候   気候要素・気候因子  大気の循環  風系  気候区分