amazon ベストセラー ランキング チャート センター試験対策
『センター試験対策』のamazon ベストセラーランキングチャートを見てみましょう。
※ このページは、amazonの『センター試験対策』カテゴリー内TOP10の10日間のベストセラー推移をグラフ化した、ランキングサイトです(1日ごとに更新しています)。1位から10位までを上から順番に3つずつ並べてあり、商品の順位の変化をそれぞれの色の折れ線グラフで描いています(同じ色の線を左に辿って、過去に遡って順位を見ます)。また、上記メニューより、他のカテゴリーの売れ筋推移グラフも表示する事ができます。
では『センター試験対策』のランキングをみてみましょう。上から下に順に表示されているのが本日のランキングとなっています。昨日と比べてみると、全般にそこそこ変化しているのがわかります。今回ナンバーワンを取得したのは『一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書 公立高校教師YouTuberが書いた』。長く堅実にNo.1を保っています。注目は『立命館大学(後期分割方式・「経営学部で学ぶ感性+センター試験」方式)/立命館アジア太平洋大学(後期分割方式) (2020年版大学入試シリーズ)』、圏外から8位→4位→2位→2位→4位→2位としっかりとランクを伸ばしお見事。あとは『漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)』、圏外→7位→9位→6位→5位→3位→6位→4位と激しく変動してるので先行きに期待してみましょう。『大学入試センター試験実戦問題集国語 2020 (大学入試完全対策シリーズ)』がもう一息の3位。順位を上げて『改訂第3版 センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本』が5位。『船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)』が第6位。ランクを下げた第7位が『センター試験過去問研究 英語 (2020年版センター赤本シリーズ)』。次いで、8位は『マドンナ古文単語230 パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)』。ランクアップして第9位に『きめる! センター現代文』。そして、『立命館大学(後期分割方式・「経営学部で学ぶ感性+センター試験」方式)/立命館アジア太平洋大学(後期分割方式) (2017年版大学入試シリーズ)』がラスト10位。次回の『センター試験対策』のチャートはどういう結果になっているのでしょうか?お楽しみに。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

20万人以上の受験生を救い、
10年以上も高校教員から圧倒的な支持を受けてきた、
センター地理定番メインテキストの改訂第3版!

センター試験の「地理B」は、膨大な知識量だけを問うものではありません。
必要なのは、「地理的概念・知識・理論の正確な理解」と、「地図やデータの精密な読解力」です。

では、どうやって対策を立てればいいのか?
そんな受験生の不安を解消するために書かれたのがこの本です!

本書は、センター試験「地理B」の攻略に必要な「地理的知識・理論」を網羅し、
受験生の「地理的思考力・判断力」に磨きをかけます。
「どのように地理学習を始めればいいか 」から「満点を目指したい」まで
全ての受験生の要望に応えるべく改訂を続けています。
そして、改訂第3版は新課程のセンター試験の出題内容・出題形式をもれなく反映した一冊です。

【今回の改訂のポイント】
(1) 出題傾向を反映し、さらにわかりやすく!
(2) より思考力を要求する問題にも対応できるように図版を追加してパワーアップ!
(3) もちろん、統計・データ、図版、演習問題は、より新しいものに更新!

※この本は、小社より2016年に刊行された『改訂第2版 センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本』の改訂版です。